MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

他のページにリンクする

 <a href="アドレス">〜</a> ページからページへ移動するにはリンクを左クリックするのが一般的です。リンクを記入するには、a href タグを使用しますが、リンクの方法はいくつかあります。


トップページ( index.htm )から、自己紹介ページ( page1.htm )を開く場合、<a href="page1.htm">表示文字</a> と書きます。 表示文字の所に、ページに表示させる文字を書きます。ここに書いた文字をクリックすると自己紹介ページ( page1.htm )を開く仕組みです。



HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="page1.htm">自己紹介ページ</a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


他のページを別ページで表示させる。今閲覧しているページから自己紹介ページ( page1.htm )を、新しいブラウザで開く場合、<a href="page1.htm"> 内に target="_blank" をつけ加えます。

HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="page1.htm"  target="_blank">自己紹介ページ </a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


自分のホームページ内のリンクには、相対パス( 例 page1.htm )を指定しました。 インターネット上のページにリンクする場合は、絶対パス( 例 http://mbsupport.dip.jp/ )で指定します。 絶対パスを指定する事により、マイクロソフトや yahoo などのページにリンクする事が可能です。

自分のホームページ内の別ページにリンクするのであれば、別ページで表示させる必要もありませんが、 他のページにリンクするのであれば、target="_blank" を忘れないようにしましょう。


HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="http://www.google.com/intl/ja/" target="_blank">google</a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


文字では無く画像をクリックする事でリンクページを開く場合、<a href=〜> と </a> の間に画像を貼り付けます。 画像を貼り付ける場合、<img src="相対パス"> を書きます。

HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="http://www.google.com/intl/ja/" target="_blank">
<img src="画像ファイル名" /></a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


<img> タグに border="0" を記入すると画像の枠が消せます。

HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="http://www.google.com/intl/ja/" target="_blank">
<img src="画像ファイル名" border="0" /></a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


上記で使用した画像は、リンク用に google が提供している画像です。 他人のホームページ上にある画像を許可なく無断で使用すると著作権を侵害する事になるのでやめましょう。

googleリンク用画像へのリンク



アドレスを貼り付けて、そのアドレスがリンクになっていて、それをクリックしてサイトにアクセスした場合、相手のサイト管理者はどこから自分のサイトにアクセスしてきたか分かります(調べれば)。 掲示板などでよく見られるのは、URL の先頭の「h」を省いたアドレスで、これは、リンクが自動で生成されても、無効にアドレスになり、ユーザーはこのアドレスをブラウザのアドレスバーに貼り付ける際に、先頭に「h」を付加してアクセスします。 そうすることにより、リンク先の管理者に参照元を知られない様にする事ができます。

ttp://mbsupport.dip.jp/

ただし、この方法は掲示板なりブログが、検索エンジンにヒットしない設定になっている場合です。 単純に「ttp://mbsupport.dip.jp/」で検索すれば、通常のサイトは検索にヒットして、参照元を隠す事にはなりません。

このサイトの「h」抜きアドレスが掲載されたページを検索した結果

どこかで、何か間違った使われ方をしている様な気がします。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項