MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.ホームページの種類を指定する

 Document Type Definition ( 文書型定義 ) を指定して、ホームページの種類を宣言する方法です。


前回の 文字コードの指定 では、以下の基本ソースまで完成しましたね。


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<title>題名</title>
</head>
<body>
マイ・ホームページ
</body>
</html>

次はホームページの種類を指定します。と、言っても私は理解していません。 でもとりあえず、「こんな感じ」という事で読んでみて下さい。

これからホームページの <body> 〜 </body> の間、つまり、実際にブラウザに表示される部分を作成していくのですが、 タグと呼ばれる決められた命令を入力してホームページを作り上げていきます。例えば、文字サイズの変更だったり、文章を改行したり(後で説明しますが、ワードプロセッサと違い、ソース上で「Enter ( エンター ) キー」を押しても、 ブラウザ上では反映されません)と、いろいろ英数字で指定する必要があります。「面倒だなぁ〜」と思うかも知れませんが、意外に簡単です。全ての言葉を覚える必要は無いのですが、 作成していくうちに、自然と覚えてしまうと思います。なぜなら、直感的な英数字だからです( font size とかね)。

では逆に、適当にソースを書いてホームページとして表示されるのかと言うと、実はある程度まで表示可能です(正直、ほぼ問題無いくらい)。 最初にindex.htmを作成した時 、ソースに「マイ・ホームページ」とだけ入力しても、Internet Explorer で正しく表示できましたよね? あの時は、<body> 〜 </body> なんてタグは書きませんでした。 にもかかわらず、きちんと表示できた理由は、HTML( HyperText Markup Language ハイパーテキストマークアップランゲージ)と呼ばれるホームページ ( WEB ページ ) を作成する言語が互換性に富んでいる事と、 HTML を解釈/構成/表示するブラウザ ( Internet Explorer など ) の処理能力が優れている恩恵です ( 逆を言えば、それがネックにもなりますが、ここでは考えない方が良いでしょう ) 。

扱いやすいからこそ普及したわけですが、普及するには互換性が必要で、互換性を保つには、決まり事が必要です。 では誰が決めるのかと言うと、 W3C ( World Wide Web Consortium ワールド ワイド ウェブ コンソーシアム ) と呼ばれる非営利団体が決めています。 下線文字を左クリックすれば、ホームページの決まり事 ( 絶対的な ) が書かれたページが別窓で表示されます。 つまり、このページに案内して、正しい HTML を学べば絶対なのです。

しかし・・・・これからホームページを初めて作る日本人が、このページに案内されてもね〜。 これからホームページを作成するのに使うのは、 HTML 4.01 と呼ばれる言語です。 つまり、このページで説明するホームページの種類とは、「私が作ったホームページはHTML 4.01ですよ」と宣言すれば良いのです。 では、どうやってソースに書くしょうか?

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>題名</title>
</head>
<body>
    マイ・ホームページ
</body>
</html>

ソースの一番上に「<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">」と入力すればいいのです。 バージョンによって使用可能なタグや属性に違いがあり、それらの決まりは DTD(Document Type Definition 文書型定義)に記されています。 上に書いた文書型定義は最も互換性があり、多くのホームページで利用されています。 この DTD をソースの最初に書くことを文書型宣言と呼びます。 ちなみに・・・・ <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">が記述されたページと、記述されていないページの違いはありません。 先に書きましたが、この DTD は互換モードで表示される宣言であり、文書型宣言をしていない場合も互換モードとして処理されるからです。 HTML 4.01 の DTD には以下の 3 種類があります。


HTML 4.01 Strict DTD

標準とされる最も正しい ( 厳しい ) DTD 。推奨されない要素や属性は含まれていません。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

HTML 4.01 Transitional DTD

Strict DTDに推奨されない要素や属性は含まれている、少しゆるやかなDTD。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

HTML 4.01 Frameset DTD

フレームが使える DTD 。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

このホームページでは Transitional DTD の URL を省いた状態で宣言していきます。 つまり、ページ毎に以下のソースは最低必要です。 毎回1から書くことはありません。ファイルごとコピーして、タイトルや <body> 内を変更すれば良いのです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>題名</title>
</head>
<body>
    マイ・ホームページ
</body>
</html>

さて、以上でホームページを制作する準備が整いました、ホームページの作り方のトップページに移動して、文字の入力方法へと進んで下さい。

ホームページを作成する HTML / CSS




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項