MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.ActivePerl の設定方法(Apache)

 WEB サーバー で CGI が利用できる環境を構築するには、サーバーサイドスクリプトの ActivePerl(アクティブパール) をインストールします。


1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を左クリックします。



2.「名前」に「command」と入力して「OK」を左クリックします。



3.「コマンドプロンプト」で「perl -v」と入力して「Enter」キーを押します。以下の表示がでれば、Perl が正常にインストールされ稼動しています。 「exit」と入力して「Enter」キーを押し、「コマンドプロンプト」を終了します。



Apacheで拡張子.CGIを認識させる

1.「エクスプローラ」で「C:\Program Files/Apache Group/Apache2/conf/」の「httpd.conf」をメモ帳などで開きます。



2.「#ScriptAlias /cgi-bin/」の先頭の「#」を消して、命令を有効にします。 「ScriptAlias /cgi-bin/」の後に CGI を動作させたいフォルダを指定します。 初期状態では「C:/Program Files/Apache Group/Apache2/cgi-bin/」になっています。ここではこのまま話しを進めます。

さらに以下の文章を追加します。

<Directory "C:/Program Files/Apache Group/Apache2/cgi-bin">
 AllowOverride None
 Options None
 Order allow,deny
 Allow from all
</Directory>

これにより、「C:/Program Files/Apache Group/Apache2/cgi-bin」フォルダ内の全てのファイルが CGI として実行されます。さらに

#AddHandler cgi-script .cgi

の先頭の「#」を削除して、命令を有効にします。.cgi の次に半角スペースを入れて .pl と入力します。

AddHandler cgi-script .cgi .pl


サーバーからアクセスしてみる

1.「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\cgi-bin」フォルダを開き、テキストファイルを新規作成して、以下の文章を入力して保存します。


#!/Perl/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print "Hello, World.";

最初の「#!/Perl/bin/perl」は、Perl をインストールした場所により変更が必要です。 Perl を通常通りインストールしたのであれば、「C:\Perl」ディレクトリになるので「#!/Perl/bin/perl」と入力します。 レンタルサーバーなどで一般的に使われるアドレスは「#!/usr/local/bin/perl」です。 ローカルサーバーでもこのアドレスを使いたい場合は、Perl をインストールする時に「C:\usr\local」を選択する必要があります。



2.「新規テキスト ドキュメント.txt」の名前を「test.cgi」に変更します。



3.「Internet Explorer」を開き、アドレスに「localhost/test.cgi」と入力して「Enter」キーを押します。 「Hello, World.」と表示されれば、Apache で perl が正常に動作しています。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項