MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3.ActivePerl の設定方法(IIS)

 WEB サーバー で CGI が利用できる環境を構築するには、サーバーサイドスクリプトの ActivePerl(アクティブパール) をインストールします。


1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を左クリックします。



2.「名前」に「command」と入力して「OK」を左クリックします。



3.「コマンドプロンプト」で「perl -v」と入力して「Enter」キーを押します。 以下の表示がでれば、Perl が正常にインストールされ稼動しています。 「exit」と入力して「Enter」キーを押し、「コマンドプロンプト」を終了します。



IISで.CGIのマッピングをする

1.「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」を開き、「管理ツール」をダブルクリックします。



2.「インターネット インフォメーション サービス」をダブルクリックします。



3.「インターネット インフォメーション サービス」の左枠「規定の WEB サイト」にポインターを移動させ右クリックします。 表示されたメニューより「プロパティ」を左クリックします。



4.「規定の Web サイトのプロパティ」が表示されたら、「ホームディレクトリ」タブを左クリックします。 さらに「構成」を左クリックします。



5.「追加」を左クリックします。



6.「実行ファイル(X)」に「C:\Perl\bin\perl.exe "%s" %s」、「拡張子(E)」に「.cgi」、 「制限(L)」左にチェックを入れ「GET,HEAD,POST」と入力して「OK」を左クリックします。



7.「.cgi」が追加されました。



8.「.pl」「.plx」はperlインストール時に追加されていると思います。無い場合は「.cgi」と同じ様で追加します。



サーバーからアクセスしてみる

1.「C:\Inetpub\wwwroot」フォルダを開き、テキストファイルを新規作成して、以下の文章をコピー&ぺーストして保存します。

  #!/usr/local/bin/perl
  print "Content-type: text/html\n\n";
  print "テスト\n";
  exit;



2.「新規テキスト ドキュメント.txt」の名前を「0.cgi」に変更します。



3.「Internet Explorer」を開き、アドレスに「127.0.0.1/0.cgi」と入力して「Enter」キーを押します。



上記の様に表示されれば、perl の設定は完了です。エラーメッセージが出る場合は、アクセス権を調べて下さい。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項