MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

パーティションの拡張と圧縮 Windows Vista / Windows 7


Windows XP までは、特殊なツールを使わないと C ドライブ(システムがインストールされている領域)のパーティション(領域)のサイズを変更できませんでしたが、Windows Vista からは圧縮してパーティションを二つに分割したり、二つのパーティションを一つに統合したりする事が可能になりました。ただし、好き勝手にできる訳ではなく、プライマリパーティション(起動できる領域で OS をインストールする場所)と拡張パーティション(データ保管用で一つ作成でき、その中に論理パーティションを制限なく作成できる領域)の合計が四つである事に変わりありません。やり方を間違えると、どうにも出来ない未割り当て領域が出来てしまう事に注意が必要です。



しかしながら、それまでの Windows では、市販のソフトウェアを購入するしか Windows がインストールされているパーティションを Windows 上で操作できず(無償版もあるみたいですが)、一般的にはパーティションの再調整に OS 再インストール作業を必要としていたので、Windows Vista から便利なったと思います。

パーティション操作ソフトウェア



正直なところ、なるべくこの操作は避けたい所です。その理由としては、個人的になんとなくそんな感じでしかありません。基本的にこれを実行する必要に迫られるのは、新しい OS のベータ版やRC版が登場して、それをインストールする別のコンピューターか ハードディスクドライブ ドライブを用意できない時かも知れません(それ以外にももちろん理由はありますが)。しかし、もともと正式版ではないので、主に利用しているコンピューターの、システムがインストールされている同じハードディスクドライブにインストールする気は起きず、必ず余っているハードディスクドライブをラトックのリムーバブルケースを用いて、C ドライブを交換してから作業していました。これだと、常用環境のハードディスクドライブをコンピューターから隔離できるので、全く操作する必要がありません。また、データの受け渡しは 2 台目、もしくは 3 台目のハードディスクドライブに保管します。



ボリュームの圧縮と拡張の共通操作

圧縮と拡張は、パーティション関連を一覧できる「ディスクの管理」で実行します(また、コンピューターの管理[Computer Management])。コントロールパネルを開き、Windows Vistaでは「システムとメンテナンス」をクリックします。 Windows7(ウインドウズ セブン) では「システムとセキュリティ」をクリックします。



「管理ツール」の「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリックします。スタートボタンを押して、「検索開始」と表示されたフォームに「DISKMGMT.MSC」と入力して「Enter」キーを押しても開けます。



右の画面で操作しますが、上部に表示されているのがパーティションとなり、接続されたハードディスクドライブの全てのパーティションがここに表示されます。



上部に表示される一覧は、エクスプローラーの「コンピューター」に表示されるドライブと同じかも知れません。つまり、これだけを参照した場合、全てが物理的なドライブなのか、一つのドライブに複数のパーティションが作成されているのは不明です。「ディスクの管理」画面では下のグラフを参照する事で、物理的なハードディスクドライブの数と、そこに作成されているパーティションの数と種類を把握する事ができます。



ボリュームの圧縮

ここでは、例として Windows Vista で操作をしています。Windows Vista がインストールされているハードディスクドライブは、一つのパーティションが作成され、全てを使い切っています。これは、ドライブ文字に直すと「C」で、一般的にCドライブと呼ばれている Windows がインストールされたパーティションです。容量は 152.67 GB 、フォーマットは NTFS となっています。今回、このシステムがインストールされた C ドライブのボリュームを圧縮して、未割り当て領域を作ってみます。なお、この日記を読みながら作業をするのはやめて下さい。全部読んでから納得した上で、これらの操作を自己責任で行って下さい。最悪、OS が起動しなくなるダメージを与えるかも知れません。



C ドライブをクリックすると、グラフに斜線が表示されます。これで、そのパーティションを選択した事になります。右クリックして、表示されたコンテキストメニューの「ボリュームの圧縮(H)」をクリックします。



利用可能な圧縮領域のボリュームを紹介しています。自動で圧縮できる範囲を計算してくれるので、終了するまで待ちます。



圧縮前の合計サイズが 156332 MB( 1024 で割ると約 152.66 GB )、圧縮可能な領域のサイズが 78111 MB( 1024 で割ると約 76.28 GB )、圧縮する領域のサイズは 78111 MB(約 76.28 GB )、圧縮後の合計サイズは 78221 MB( 1024 で割ると約 76.38 GB )。つまり、このまま「圧縮(S)」ボタンをクリックすると、約 152 GB のパーティションが約 76 GB と 76 GB に分けられる事になります。パーティションが二つできるかと言えば、それは正しい表現か否か不明です。単純にパーティション一つ(これは変わらない)と、未割り当て領域ができます。未割り当て領域にパーティションを作成した時、はじめてパーティションの数が増える事になります。つまり、単純に選択したパーティションの圧縮を実行するわけです。圧縮可能な領域のサイズが 78111 MB と表示されているので、これ以上に変更する事はできませんが、例えば、何かしらの必要に迫られて 1 GB( 1024 MB )の領域が欲しいと考えるのであれば、78111 MB の部分を 1024 MB も変更、圧縮する領域のサイズに指定すれば良いでしょう( 2 GB なら 1024 × 2 = 2048 )。ここでは、このまま「圧縮(S)」ボタンをクリックしてみます。



Windows がインストールされたパーティションが 156332 MB( 1024 で割ると約 152.66 GB )から 78221 MB( 1024 で割ると約 76.38 GB)に縮小され、残りが未割り当て領域となりました。未割り当て領域は、Windows が扱える領域が作成されていないので、エクスプローラーの「コンピューター」でも表示されません。ここにデータを保管するには、領域を作成してフォーマットする必要があります。Windows をインストールしてマルチブートするのであれば、インストール作業中に未割り当て領域を指定すればインストールできます。OS をインストールするのであれば、未割り当て領域にプライマリパーティションを作成する必要があります。データ用なら、拡張パーティションに論理パーティションを作成します。



一つの物理的なドライブにパーティションを作成しても、特に速度的なメリットはありません。お互いのパーティションが干渉しないマルチブートや、ハードディスクドライブが故障した時は終わりですが、システムだけ壊れた場合、再インストール作業でデータ用のパーティションを一切変更する必要が無い、または、ハードディスクの断片化を促進するシステムの初期状態で定められた何かを他のドライブに追いやる時に利用します(テンポラリフォルダーや仮想メモリ)。



ボリュームの拡張

一つのハードディスクドライブに二つのパーティションが存在している場合、右に表示されたパーティションを未割り当て領域にして、左に表示されたパーティションと統合します。このテスト環境では、システムがインストールされているのがCドライブで、右はデータ用、または、他の OS がインストールされていたとします。



C ドライブを削除する事はできません。そこにインストールされている Windows を起動しているからです。ここではGドライブのボリュームを削除します。データが存在している場合は読めなくなるので、他のドライブかメディアに移動してから実行します。G ドライブをクリックして、斜線が表示されたのを確認します。右クリックして表示されたコンテキストメニューの「ボリュームの削除(D)」をクリックします。



データが消滅する警告が表示されます。「はい(Y)」をクリックすると、G ドライブに保管されているデータは消滅します。



G ドライブが消滅して、未割り当て領域となりました。この時点で、エクスプローラーの「コンピューター」で G ドライブを参照する事はできません。次は、パーティションCと、未割り当て領域を合体させて、一つのパーティションに変更します。



パーティション C をクリックして、斜線が表示された事を確認します。右クリックして表示されたコンテキストメニューの「ボリュームの拡張(X)」をクリックします。



「次へ(N)」ボタンをクリックします。



複数の未割り当て領域を指定する事もできますが、今回は同一ドライブ上に一つの未割り当て領域( 78111 MB )しかありません。ボリュームサイズの合計が 156332 MB( 1024 で割ると約 152.66 GB )、最大ディスク領域 78111 MB( 1024 で割ると約 76.28 GB )、ディスク領域(MB)を選択に 78111 MB( 1024 で割ると約 76.28 GB )が指定されています。未割り当て領域の半分を使ってCドライブを拡張するなら、78111 ÷ 2 = 約 39055 MB を「ディスク領域を選択」に指定すれば良いでしょう。ここで、未割り当て領域の全てを使って C ドライブを拡張してみます。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



「完了」ボタンをクリックします。



再び、ディスク 0 のドライブに一つのパーティションが存在する事になります。ディスク0のドライブ内のパーティションで説明すると、パーティション C と未割り当て領域が合体して一つになりました。



System Reserved

Windows 7 ではブート情報が別パーティション「System Reserved」に格納される様になりました。これにより、マルチブート環境を構築しても、トラブルに遭遇しにくい、または、対処しやすくなっているので、この領域を削除しない様にしましょう。右のスクリーンショットでは、Windows 7 32 ビット版の次に、Windows 7 64 ビット版をインストールした状態です。ブート情報が別パーティションに作成されるメリットは、この環境で 32 ビット版、64 ビット版、どちらを再インストールしても、問題なく動作します。



Windows Vista を先にインストールしてしまうと、この領域が Windows XP と同じくシステムがインストールされているパーティションに存在します。この状態では、Windows 7 を再インストールした場合は問題がありませんが、Windows Vista を再インストールした場合はブート情報が書き換えられ、Windows 7 が起動できなくなります。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項