MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ホームズに聞く - Windows Vistaの選び方

 最新のWindows Vista(ウインドウズ ビスタ)。4 つのリテール版からあなたに合ったエディションを決定しましょう!



ホームズ先生こんにちは!



ワトソン君!トービーを連れてきたか?



いえ、MB-Supportの管理人です。



うっ、また君か・・・今回はペースがはやいな。先日来たばかりじゃないか。ミセスハドソ〜ン! この電報を届けてくれ!彼の持ってる自転車が役に立つ。



君かって・・・トービーって何ですか?



いや、気にしないでくれたまえ!ところで要件は何だ?



実は、青いパッケージの OS を購入する事にしました。



おっ、最新の Windows Vista(ウインドウズビスタ)じゃないか。



そうなんですよ。今度のパッケージは耐久性に富んで、メディアを出し入れしやすい工夫がなされているんです。しかも4色から選べるんですよ! マイクロソフトもやってくれますね。ホームズ先生はどの色にしますか?



そうだな・・・みどりは嫌いだから黒がいいな。。。っておい! 管理人クン、私の推理が正しければ、君はパッケージの色で選んでいる事になる。 それは危険だ!これは「4つの署名」なのだよ。



「4つの署名」?。



つい先日、メアリ・モースタン嬢からの依頼で詳細を知ったんだ。



詳しく教えて下さい!



まず・・・一番大事な事から話すよ。Windows Vista は、パッケージの色で選んじゃいけないんだ。



えっ(・_・;) では、何で選ぶのですか。



エディションだよ。パッケージの「Windows Vista」と書かれた下に文字が書かれているだろ。 それが犯人の残した暗号だよ。いや、もとい、マイクロソフトが提示したエディションだよ。 Windows XP でも Home Edition(ホームエディション)や Professional(プロフェッショナル)があっただろ。



あっ!そういうことだったのか・・・・。 Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) に関しては、パッケージが同じ色だからどうしようか悩んでいましたよ。



「あなたの風邪は鼻から?のどから?」それによってパッケージを選ぶ風邪薬があっただろ。あれと一緒さ。 「あなたのパソコンの使い方は仕事?それとも家庭?」



家庭です。



ならば、みどりのベン・・・いや、みどりのパッケージだ。



みどりって、2 つありますね。何が違うのですか?



では、まずは Home Basic(ホームベーシック)と呼ばれるエディションから説明するよ。

このエディションは Windows Vistaでも最も低価格であり、Windows XP の Home Edition を利用していたユーザー向けの家庭用OSだ。



なるほど・・・・では、Windows XP の Home Edition を利用していたのであれば、これを購入すれば良いのですね?



ところが・・・Windows Vista の特徴でもある、Windows Aero(ウインドウズエアロ)を選択できないんだ。 つまり、ガラス風の透き通ったプロパティや、「Windows」キーと「Tab」キーを押して 3D でタスクを選択する「Windows 3D フリップ」などが使えないよ。 もちろん、こんなハイカラな表示はいらないというのであれば、安いのでお奨めだけど。



あぁ・・・私はこの 3D で回転する表示がやりたいんです。 カッコいいですよね?



カッコ良いか、カッコ悪いで決まれば、この機能は簡単なんだ。ところが、これらの機能はカッコいいだけではなく、実際に便利な機能なんだ。 そこが譲れないところでもある。しかし、Windows Vista をクラシックスタイルに変更した場合は Windows Aero が無効になるんだ。 つまり、シンプルな画面で利用したいのであれば、Windows Aero が搭載していても「Windows 3D フリップ」は使えないよ。



なるほど・・・では、シンプルじゃなくて、Windows Vista らしいスタイルで利用します。



ならば、「Home Premium」と呼ばれるエディションがお奨めだ。

おそらく、今回登場する Windows Vista の中で機能的にも価格的にも一番普及すると思われるエディションだよ。 Windows XP では Media Center Edition を利用していたユーザー向けなんだ。



Media Center Edition って、リモコンでテレビ録画や視聴をする機能ですね。Home エディションでこれが搭載されているなんて便利ですね。



ある意味、いままでがおかしかったのさ。ホームエディションこそ搭載されて当然の機能だよ。 それに、このエディションを選択するユーザーは初心者だけでは無いと思うよ。



どういう意味ですか?



未だに対応が不明なキャプチャーデバイスを利用している多くのユーザーだよ。 Windows Vista では既存のオーバーレイ表示ができないんだ。 しかし、Media Center に対応したキャプチャーデバイスなら、視聴や録画できる可能性が高い。 UAC(ユーザーアカウント制御)と呼ばれる新しいセキュリティ機能のおかげで、 セキュリティは確保されるけど、既存のデバイス用に作られたアプリケーションが正しく動作するかは不明なんだ。 そういった意味でも、Windows Media Center 機能は保険的な役割もあるんだよ。



少し難しいのですが・・・・



まぁ・・・これに関しては私も不明な部分が多い。年末にかけて検証してみるよ。この問題が解決されなければ、新規にパソコンを購入するユーザーでも、あえて Windows XP を選択するユーザーもいると思うよ。 とりあえず、新規にパソコンを購入する、パッケージを購入する、既存の環境からアップグレードするほとんどのユーザーがこのエディションを選択すると思われる代表的なエディションって事さ!



あっ、色で判断して何ですが、もしかして私が最初に選んだ青いパッケージは、Windows XP Professional を利用していたユーザーがアップグレードするエディションでは?



そうだ!「Professional」という名前から「Business」と呼ばれるエディションになったのさ。

今回のエディションは複雑の様で実は意外と簡単に選択できるだろ。 「家庭向け」と「企業向け」の違いのポイントは、「Media Center」機能を搭載しているか、ドメインに参加できるかによって分けているんだ。



ドメインに参加って、何の事ですか?



うん。その質問をする時点でこのエディションを選択する可能性は無いという事さ。 理にかなっているのは、企業で使う OS でテレビの録画や視聴は必要無い。 だから「Home Premium」に搭載された機能の一部が「Business」には搭載されていないんだ。



なるほど・・・結局、家庭向けの「みどり」か、企業向けの「あお」で簡単に選択できますね。 あっ、そうそう、「くろ」のパッケージは何ですか?



全てのエディションの機能を全部搭載した最上級エディション「Ultimate(アルティメット)」さ。

今回の Windows Vista で最も高価になるエディションでもあり、ある意味、Windows Vista の集大成とも言える。



家庭で利用する私には必要無いって事ですか?



この辺が難しいところさ。「家庭向け」「企業向け」の選択基準は制作会社が設定したものだ。 しかし、ある意味家庭で利用するからこそ、全ての機能を利用したいと考える場合もあるだろう。 それに、エディションごとに不足する機能があるのは嫌な人間の心理もある。 そんな悩みを抱えなくて済む方法は、全部入りのエディションを購入すればいいんだ。 だから、あえて家庭で利用するなら、このエディションはいらないとは言えないよ。 逆に、現在は利用するか否かは不明だけど、とりあえずこれを購入した方が将来何でもできる事になる。 家庭でこれが普及しないとも限らないよ(おそらくパソコンと一緒に販売される場合、このエディションを選択するユーザーは少ないとは思われる)。



確かに・・・不足する機能があるのは心理的に不安ですね。



制作会社やパソコン販売ショップが意図するポイントは、Windows XP でどのエディションを利用していたかさ。 しかし、既存の環境からアップグレードする場合は、「Professional」から「Home Premium」に移行する事も可能だし、「Home Edition」から「Ultimate」に移行する事も可能さ。 良い点は、「Home Edition」を利用していたユーザーが、「Home Premium」にアップグレードする事で、「Media Center Editon」にアップグレードする事にもなる。 家庭向けとされるエディションでより豊富な機能が扱える様になるよ。



あれ、タブレット PC を利用しているユーザーのエディションは?



「Home Basic」以外は全て「ペンとデジタル インク入力が統合された Windows Tablet PC」「Windows Tablet PC 手書き認識の強化」「Windows Tablet PC のユーザビリティとナビゲーション機能の強化」が図られているよ。 つまり、従来とは異なり、パソコンによってエディションが固定される事は無いんだ。タブレットPCだって「Home Premium」や「Business」を選択する事が可能になったんだよ。



なるほど・・・複雑な様で意外と簡単に選択できる事が分かりました。今までと同じ感覚で選択するとすれば、Home Premium と Professionl の二つになりますね。 でも、悩んでいるのなら、全部入りの Ultimate を選択しますね。

Windows Vista 一覧





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項