MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

FDISK 基本 MS-DOS 領域 削除方法 Windows 98 SE / Windows ME

 起動ディスクを使って FDISK を起動してハードディスクドライブのパーティション(領域)を設定する方法をご紹介します。なお、Windows 2000、Windows XP、Windows Vista、Windows 7 では、OS インストールウィザードで実行可能なので、FDISK は存在しません。


起動ディスクを挿入してパソコンの電源を入れると、フロッピーディスクを読み込みます。 最終的に黒画面に白文字で「A:\>」と表示されてカーソルが点滅します。( Windows 98 は途中でフロッピーをディスク2に入れ替えます)

FDISK フロッピーから起動方法

起動ディスクの作り方



FDISK ( ディスク パーティション ツール ) で行う作業はパーティション ( ハードディスクの領域 ) の削除と作成、フォーマット作業です。 ハードディスクドライブ は、パーティションを作成しないと、OS やアプリケーションをインストールできません。 ハードディスクにパーティションを複数作成すれば、物理的には 1 つのハードディスクですが、 Windows 上では「 C ドライブ ( Windows をインストールするドライブ ) 」「D ドライブ」「E ドライブ」の様に、 複数のハードディスクが接続されている様に表示されます。 Windows 2000 と Windows XP はインストールの途中でこの作業をしますので、 FDISK は、Windows 9X系OS ( Win98 / 98SE / ME ) のインストール時だけ必要な作業となります。



1.画面に「A:\>」と表示されたら、「fdisk」(大文字でも小文字でも構いません)と入力して「enter」キーを押してください。 ( Win 98 の場合はフロッピーを起動ディスク 1 に挿し換えてから実行して下さい)


A:\>fdisk



「A:\>fdisk」が意味する事は、Aドライブ(フロッピーディスクドライブ)のフロッピーディスクの中の fdisk.exe を実行する命令です。 右は、Windows 上で起動ディスクの中身を参照した画像です。起動ディスクの中に fdisk.exe が存在する事が確認できると思います。 ちなみに Windows 98 の場合は、起動ディスクが2枚あります。fdisk.exe が存在するのは起動ディスクが1なので、起動ディスク2の読み込みが完了して、 「A:\>」と表示されたら、フロッピーディスクを起動ディスク1に挿し換えてから fdisk を実行して下さい。



2.「大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか」の問いに「Y」と打ち込み「enter」キーを押してください。


512 MB以上のディスクがあります。このバージョンのWindowsでは、大容量のディスク
のサポートが強化され、 ディスク領域を有効に使えるようになりました。2 GB以上の
ドライブを1つのドライブとしてフォーマットできます。

重要 : 大容量ディスクのサポートを使用可能にして、このディスクに新しいドライブ
を作成した場合、ほかのオペレーティング システム を使ってこの新しいドライブに
アクセスする事はできません(Windows95とWindowsNTの特定のバージョン、
以前のバージョンのWindowsとMS-DOSを含む) 、また、FAT32ファイルシステム
用に設計されていないディスクユーティリティは、正常に動作しません。
このディスクでほかのオペレーティングシステム や以前のディスクユーティリティ
にアクセスする必要がある場合、大容量ドライブのサポートは使用しないでください。

大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか(Y/N)......?[Y]


次に以下の選択項目が表示されます。


次のうちどれかを選んでください:

  1. MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成
  2. アクティブな領域を設定
  3. 領域または論理MS-DOSドライブを削除
  4. 領域情報を表示

ここで OS 無しパソコンを購入して、初めて OS インストールする場合は1番「MS-DOS 領域または論理 MS-DOS ドライブを作成」を選択します。 ハードディスクの中をすべて削除して OS 再インストールする場合は、3番「領域または論理 MS-DOS ドライブの削除」を選択します。

注意 フォーマット作業ではありませんが、ハードディスクの領域を削除しますので、データが読めなくなります。


3を選択して「enter」キーを押した場合、下記の選択項目が表示されます。


次のうちどれかを選んでください:

  1. 基本MS-DOS領域を削除
  2. 拡張MS-DOS領域を削除
  3. 拡張MS-DOS領域内の論理MS-DOSドライブを削除
  4. 非MS-DOS領域を削除

ハードディスク1個で全領域を割り当てて使用していた場合 ( C ドライブのみで使用 ) 1 番「基本 MS-DOS 領域を削除」を選択します。 [1]を入力して「enter」を押すと下記の選択項目が表示されます。


基本MS-DOS領域を作成

現在のハードディスク:1

領域状態種類ボリュームラベルMバイトシステム使用
C:1PRI DOSXXXXXUNNOWNXX%


ディスクの総容量はXXXXMバイトです。(1Mバイト=1048576バイト)


注意!削除したMS-DOS領域のデータはなくなります。
どの基本領域を削除しますか.........?「1」
ボリュームラベルを入力して下さい......?「               」
よろしいですか(Y/N)..............?「Y」

FDISK を終了するにはEscキーを押して下さい。


どの基本領域を削除しますか............「1」を入力して「enter」

ボリュームラベルを入力して下さい........「」 空白で「enter」(ラベルをつけているなら、入力)

よろしいですか(Y/N)..........「Y」「enter」

最後に「ESC」キーを押してFDISKオプションに戻ります。

以上で基本 MS-DOS 領域を削除できました。ハードディスクに領域が無い状態です。( 40 GB ハードディスクを持っていても、 領域作成していなければ使用できません) 新規領域を作成とフォーマットをする事で、初めてハードディスクとして使用する事が出来ます。 以下は作業風景のビデオです。








BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項