MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

画面の設定 NVIDIA (R) ForceWare (TM) ソフトウェア インストール方法

 今や OS に含まれている豊富なドライバ(デバイスを動かす説明書みたいなもの)と、完成されたプラグ&プレイ(増設すれば自動で認識する仕組み)により、ドライバやデバイスのアプリケーションを気にかけるユーザーは少ないかも知れません。 Windows 98 時代では、グラフィックスドライバをインストールしなければ、それは見られた画面ではありませんでした。 しかし、Windows XP では何もしなくても最初からある程度の解像度を選択できるでしょう。


従来利用していた nVidia の nView 画面。この画面では、Windows の画面のプロパティの「設定」では不可能な、画面表示の詳細設定が可能になります。 新しいアプリケーションでは、この表示がクラシックとして存続され、NVIDIA Control Panel として生まれ変わりました。



もともと高価なグラフィックスカードを利用していない管理人にとって、どっちが使いやすいかを判断するのは難しいです。 現段階ではベータであるものの、グラフィックスカードのメーカーは問わず、カードに搭載されたチップが Nvidia 製であれば、メーカーからダウンロードして移行する事が可能です。 デュアルディスプレイを利用するユーザーにとっては、画面の設定が結構重要かと思われます。それでも、Windows の画面のプロパティで設定するだけでも事足りと思われます。 スパンモードやクローンモードなど、多彩な表示に切り替える場合は、インストールが必須となります。

NVIDIAの次世代ハードウェアコントロールアプリケーション NVIDIA Control Panel



以下はダウンロード方法とインストール方法を掲載しますが、ベータ版のため自己責任でお願いします。 また、グラフィックス関係のドライバとアプリケーションゆえに、不具合が発生すると画面表示が不可能になります。 その場合はセーフモードで起動してドライバーのロールバックを実行すれば、元の環境に復元する事ができます。


セーフモードで起動してパソコンが正常に起動していた状態に戻す方法


追記

正式版が登場した事と、ドライバーは更新されるのでそちらのインストール方法を新しく以下のページに掲載しました。


グラフィックスカード(NVIDIA)のドライバーインストールとアップデート方法


ダウンロード方法

1. NVIDIA Control Panel にアクセスします。Windows XP / 2000 と Windows Vista beta2 用の 32 ビット版と 64 ビット版があり、 自分の環境に合わせたものを選択したます。 管理人がアクセスした時点では 91.28 が表示されていました。2006 年 11 月 2 日に公開された 93.71 もあり、管理人は両方の 32 ビット版をインストールしてみましたが、違いが分かりませんでした。



タスクバーに常駐する NVIDIA のメニューは 91.28 では日本語表示であるものの、93.71 では英語になります。 ディスプレイの設定を簡易に切り替えるメニューなので、英語でも問題無いと思いますが、肝心の新しい NVIDIA Control Panel の表示は日本語に対応しています。



2.ダウンロードサイトも日本語に対応していません。サーバーはプライマリーとミラーがいくつかあります。 とりあえず「Primary Download」を左クリックします。アクセスできない場合は「Mirror Site」を順番に左クリックします。 もちろん、どのサーバーを選択してもダウンロードするファイルは同じになります。



3.ライセンス契約書が表示されます。契約書を読み納得したならば「Accept(同意する)」を左クリックします。 同意しないとダウンロードできません。英語版なので無理がありますが、これに関しては NVIDIA 社のものなので、管理人が「同意を左クリックします」と指示する事はできません。



4.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」を左クリックします。セキュリティの警告について



5.保存する場所を指定します。左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」を左クリックします。



6.ダウンロードが完了したら「閉じる」を左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックします。ファイル名はバージョンや OS により異なります。



2.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」を左クリックします。



3.ライセンス契約書が表示されます。納得したならば「I accept the terms in the license agreement」を左クリックして「NEXT」を左クリックします。 同意しないとインストールする事はできません。



4.インストールする場所を指定します。特に変更する必要はないので「NEXT」を左クリックします。



5.「次へ」を左クリックします。



6.Windows XP との互換性を検証する Windows ロゴテストに合格していないとの警告が表示されます。 通常はインストールする事を推奨できませんが、インストールするためには「続行(C)」を左クリックします。



7.インストール中です。しばらくお待ち下さい。



8.「最起動する」を選択して「完了」を左クリックします。再起動すればインストールは完了です。



NVIDIA Control Panel を起動する

1.NVIDIA Control Panel を起動する方法は複数ありますが、オーソドックスにコントロールパネルから起動してみましょう。 NVIDIA Control Panel のアイコンが表示されているはずです。これをダブルクリックします。



従来の NVIDIA nView Desktop Manager も起動可能ですが、ベータ版をインストールすると英語版に置き換わります。 しかし、 NVIDIA nView Desktop Manager で画面を透過 も従来通り実行可能です。



NVIDIA Control Panel は Windows のプロパティに同化しています。これにより Windows Vista で Windows Aero を有効にした場合、違和感無く表示されます。 メニューは日本語なので説明は不要と思いますが、デュアルディスプレイで画面の設定をする場合は、「表示」をダブルクリックします。



複数のディスプレイの項目で、「複数のディスプレイウィザードの実行」は、NVIDIA nView Desktop Manager からも実行できる従来の方法です。 「ディスプレイの設定の変更」が新しい表示になります。



通常、2 枚のディスプレイを 1 台のパソコンで利用する場合は、互いに独立した Dualview モードと、水平スパンモード、プレゼンや特殊な環境で利用するクローンモードがありますが、垂直スパンモードが加わりました。



垂直スパンモードは、ディスプレイを縦に並べて仮想的に 1 台のディスプレイとして認識させるモードです。 モニタアームなどを購入してディスプレイを設置する事になりますが、実行した場合は右のような表示になります。



ディスプレイのカラー設定も、プログレスバーでリアルタイムにプレビューできるので、2 枚のディスプレイの明るさや色合いを設定するに便利になりました。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項