MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

TAG HEUER とアイルトン・セナ

 音速の貴公子ことアイルトンセナが愛用していた時計は、F1 公式時計のタグホイヤー(1991年 〜 2003年)。ポイントはホイヤー独特の金属ベルトでは無く、革ベルトを愛用していたところです。


私にとって 1994 年は衝撃を受ける出来事が重なった年です。 4 月 21 日に TM NETWROK(TMN)の活動「終了」宣言。 5 月 1 日に F1 レーサーのアイルトン・セナがレース中に事故死。 8 月 31 日に東京都港区芝浦のディスコ「ジュリアナ東京」が閉店。 特に 5 月 1 日のセナの死と 5 月 19 日の TMN ラストコンサートは、私の誕生日を挟んで起こった出来事です。

当時は地上波で F1 が放送されていたので、F1 グランプリでセナの腕に輝くタグ・ホイヤーの時計に憧れていました。 1991 〜 2003 年 は F1 の公式時計でした。 1993 年 9 月 26 日、念願のアイルトン・セナが愛用していた時計「TAG HEUER(タグ・ホイヤー)S25.706 Senna Model(セナモデル)Sports Chronographs Quartz - 1/100 sec」を購入。 セナと同じ時計(特別モデルで正確には違うのかも)をして、良い気分を味わっているのも束の間、翌年 5 月 1 日に第 3 戦サンマリノ GP で、コンクリートウォールに激突してこの世を去りました。 このファイルは決して如何わしい物ではありません。 私が作った「アイルトン・セナ死亡ファィル」です。

一位に強い執着を持っていたセナは、時速 300 km を超える速度でコンクリート壁に激突するまでトップを走っていました。 彼は死ぬ最後の最後までトップを走り続けたのです。 空撮された慌ただしい事故現場の映像を見て、不覚にも涙が零れました。 駅の売店で全スポーツ新聞と英字新聞を 6 日間買い続けました。 5 月 2 日から 5 月 7 日までのセナに関する記事のコピーを、60 ポケット(1 ポケットに 2 枚)のクリアファイルに整理してあります。

セナのプライベート写真集と「TAG HEUER(タグ・ホイヤー)S25.706 Senna Model(セナモデル)」。 写真集でセナがしている時計と同じものです。20 年経過した今でも中古で購入できるかも知れません。


Amazon Yahoo!ショッピング 楽天市場 公式サイト 閉じる

この時計に関する詳細は、次のページに動画と写真を交えて説明しています。

TAG HEUER(タグ・ホイヤー)
S25.706 Senna Model(セナモデル)


1994 年 5 月 1 日、時速 300 kmを超える場面もあるサンマリノグランプリで、コンクリート塀に激突して亡くなった「アイルトン・セナダ・シルバァ」。 当時、圧倒的に速く、安定した F1 マシンを作り上げたウィリアムズ・ルノーに移籍して一年目、一勝もできずに苦戦を強いられたセナを見ました。 前年のプロスト、いや、その前のマンセルが在籍したときがウィリアムズ・ルノーの全盛期だったと思われます。

今日こそはセナが優勝してくれと願いつつテレビに向かった矢先、 ニュースでセナの事故を見てしまいました。 現地時間との関係でサンマリノグランプリは生中継ではありませんでした。 コンクリートウォールに激突して大破したマシンから自力で脱出しないセナを見たとき、すでに嫌な予感がしました。 しかし、一瞬だけヘルメットがピクッと動きました。 医者とスタッフにマシンから引きづり出されても一向に動かないセナ。 空からの映像に釘付けになっていると、あたり一面が血だらけになっていました。

ヘリコプターで病院に運びだれた後、セナがいないサンマリノグランプリは続きました。 当時、リアルタイムでテレビを見ていましたが、番組自体は時差の都合で録画したものを流していました。 その録画されたレースシーンが突然中断されたとき、もう駄目だと悟りました。 フジテレビの三宅正治アナウンサーから、病院でセナの死亡が確認されたとの報告を見ました。


写真集と書籍 DVD ホビー 閉じる




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項