MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

読書:罪と音楽 著者:小室哲哉



 2009 年 9 月 20 日 (

昨日、この本が発売されているのを知り、本屋さんへ向かいました。タイトルはドストエフスキーの「罪と罰」からきているのでしょうか?読んで見ると、「罰」が「音楽」になっている意味が分かります。



販売ショップ : Amazon 本 文庫 / 新書 / 雑誌 / 漫画 / 洋書

ショップリンク:このショップの商品を掲載した数(114)

カテゴリ : ベイカーストリート / 読書


投稿パネルを開く

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[4899] → Re:[この日記へのレス]

私としては、音はもちろんですが、声も好きなので、コラボレーションとかは要らないのですが、兎に角、約22年ぶりとなるオリジナル・ソロアルバム「Digitalian is eating breakfast 2(デジタリアン イズ イーティング ブレックファースト ツー)」が3月23日に発売されるのは嬉しい! 久しぶりにCDを購入してみましょう。



このコメントは管理人より投稿されました投稿者 : 管理人
投稿日 : 2011 年 02 月 02 日 - 01 時 16 分 26 秒

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]





このエントリのタグ

小室哲哉 komuro tetsuya 書籍  globe 桂子