MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ



 2009 年 4 月 9 日 (木)

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

最適なサイト構築のための理論アプローチ。ホームページ制作に関係あるのかと言えば、制作に構築する前の段階を含めるのなら関係がある本です。ただし、ホームページを形成するHTMLを学ぶ本では無く、それらのタグ、スタイルを埋め込むCSS、サーバーサイドスクリプト、クライアントサイドスクリプトなどの書き方に関しては一切触れていません。つまり、この本を読んでも物理的なホームページを製作する事はできませんが、それを実行する前に必要とする情報アーキテクチャに関する事を学べます。分かりやすく言えば、サイトに存在するページが多くなれば、必ず壁に突き当たり、その壁が何であるのか、または、どの様にその壁を認識して、乗り越えていくかといった内容ですが、これはサイトを運営して数年経ってから読んだ感想であり、実際にサイト制作を職業とする側からしてみれば、物理的にサイトを制作するまえに把握しておかなければならない、または、把握する方法などが、営業する側の視点で書かれています。

読んで思った事は、BLOGなどでホームページを公開している場合に、この本が有用であるとは思えませんが、それを管理、または提供するCMSや、個人でサイトを構築するユーザー、または、社内でイントラネットやホームページを運営する場合に読んだ方が良いと思われます。そして、それらの作業を実際に行う人だけではなく、外部に発注するまえに、発注する側が最低でも知っておくべき内容かと思われます。書かれている内容は、「ホームページを作ってみました」「ホームページを作ってもらいました」なんて気軽なものでは無く、ホームページを閲覧するユーザーには見えない奥深い戦略が、自社にとって優れたサイト構築へと導く内容です。


販売ショップ : Amazon.co.jp コンピューターの本

ショップリンク:このショップの商品を掲載した数(29)

カテゴリ : 221B Baker Street / パソコン書籍


投稿パネルを開く

[ コメント数 0件 ]