MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

Studio XPS 9000 - Core i7 エクストリームエディション選択可



 2009 年 3 月 4 日 (水)

Studio XPS 9000

Intel Core i7 に対応した DELL の新しいデスクトップパソコン「Studio XPS 9000(旧:Studio XPSTM 435)」。XPS シリーズはいつしか Studio 版も登場して、現在6種類存在しています( Studio 以外の XPS も含めて)。XPS の後に数字が付き(付かない製品も 1 つあります)、数字が大きければ高性能かと言えば、そうでもなかったりします。


ただし、高性能の基準にもより、ケースも含めた全体的なパーツのか、プロセッサーなのか、それとも、グラフィックスカードなのかで判断する必要があるでしょう。タイミング的には、プラットフォームの総取り替えが必要なIntel Core i7とそれ以前のプロセッサーで分けても良いかも知れません。現時点でIntel Core i7に対応したXPSシリーズは、Studio XPS、XPS 730X、そして、3月3に発売されたStudio XPS 9000の3機種。Intel Core i7を登載するには、マザーボードに対応したチップセットとソケットが必須となり、このプロセッサーを登載しているか否かで6種類を半分に分ける事ができます。



そして、Intel Core i7に対応したこの3つの違いは? 現時点ではIntel Core i7の種類は4つ、それを積んでいるか積んでいないかでまず一つ判断できます。後はその他のパーツで考えるしかありません。PCケースが高性能なのはXPS 730Xで、後はグラフィックスカードの違いです。XPS 730Xはゲーマー向けPCとして全てにおいて高性能(最上位のCore i7を選択可能)。Studio XPSはIntel Core i7に対応するものの、グラフィックスカードは登載する電源ユニットでも分かりますがシングル前提となります。


XPS730x Studio XPS 9000 Studio XPS

そして、今回登場したStudio XPS 435は、Studio XPSとXPS 730Xの間に入るモデルと思われます。デジタルカメラやハイビジョンカメラの高解像データを扱う場合や、地デジの視聴が快適なモデルです(地デジのあり方が快適なのか疑問に思う今日この頃)。グラフィックスカードはStudio XPSと同等かそれ以上を選択可能で、メモリの最大積載容量も増加。プロセッサーにXPS 730Xと同じく最上位のCore i7を選択可能です。


販売ショップ : DELL 個人TOP

ショップリンク:このショップの商品を掲載した数(35)

カテゴリ : 221B Baker Street / Core i7 Bloomfield


投稿パネルを開く

[ コメント数 0件 ]