MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

Windows 7 Windows XP Mode インストール方法 No2



 2009 年 12 月 17 日 (木)

Windows 7 Windows XP Mode インストール方法 No2

Windows XP Mode(ウインドウズ エックスピー モード)で、Windows 7 のデスクトップにWindows XP Modeのアプリケーションを直接起動する方法。ブラウザを利用する場合は、先にプラグイン(Flash Player、Silverlightなど)をインストールしておきましょう。パフォーマンスを優先するなら、やはりVirtual PCではなく、物理的なパソコンを利用するリモートデスクトップの方がおすすめです。



カテゴリ : Let's Try / Windows 7 インストール方法


投稿パネルを開く

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[4497] → Re:[この日記へのレス]

Windows XP Modeが統合機能の有効と無効で頻繁に落ちる問題が発生。Windows7 32bit版 RC、Windows 7 Enterprise 試用版 64bit版、共にVirtual PCは問題なく利用できていたものの、皮肉にもWindows 7 Professional 64bit版を購入して初めて遭遇したトラブル。

Virtual PCのゲストOS Windows XP Professional SP3には、RC版と試用版で利用していたKingsoft Internet Security freeをインストール。Kingsoft Internet Security freeは現時点では64ビット版に対応していません(次のバージョンでは対応するらしいので頼もしい)。しかし、Windows XP Modeはホストが64bit版でも、ゲストは32ビット版のはず。

Virtual PCは初期状態で停止する時の動作がシャットダウンではなく、休止状態となっています。これは、次回の起動を高速にするためです。これにより、動作を常にシャットダウンに変更すれば、トラブルの確率は低くなりますが、それをすると利便性を失います。しかし、このままでは統合機能がスムーズに切り替わらず、トラブルを抱えたまま休止状態となり、タスクバーでVirtual PCを終了させ再起動が必須となります(それでも解決できない時もしばしば)。

数日間試した結果、一発目のVirtual PC起動で必ずトラブルが発生して、それを修復した後は、ホストを再起動、または、終了しない限り、快適な動作となります。しかし、他のゲストOSは全く問題がありません。

解決策が全く見あたらないため、ゲストOSのKingsoft Internet Security freeを削除、ファイヤーウォールにゾーンアラーム、ウイルス検知にMicrosoft Security Essentialsをインストール。起動して最初の数時間、ゲストOSで作業をして、ファイヤーウォールの警告で、プログラムコントロールの動作をおおまかに確定。以上で一発目の起動で落ちる問題が解決されました。となると、ファイヤーウォールに問題があったと推測でき、それは設定次第だった可能正が高いです。



このコメントは管理人より投稿されました投稿者 : 管理人
投稿日 : 2009 年 12 月 21 日 - 09 時 26 分 14 秒

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]