MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

MB-Support's Diary

〜 2008年12月4日(木) 〜 日別表示



Windows Live SkyDrive 容量25GBにアップグレード

Windows Live SkyDrive 容量25GBにアップグレード

外部ストレージサービスの SkyDrive(スカイドライブ)が、容量5GBから25GBにアップグレード。新しいスタイルになり、Windows Liveのトップページやプロフィールページと調和されました。 [タグを表示する]



カテゴリ : ワトソンのパソコン教室 / Windows Live SkyDrive

コメント : 0 件 - 投稿、または、参照する / Guid


No:172 タイトル:Windows Live フォトギャラリー バージョン2009

Windows Live フォトギャラリー バージョン2009 ベータを使ってみました。まずは、インストールした状態で、最初からギャラリーに追加されるサンプル写真とムービーで、いろいろボタンを押してみます。さらに、デジカメから写真やムービーを取り込むための準備を説明します。初期状態ではログインアカウント毎に作成されるピクチャとビデオフォルダに保管されます。

投稿者:MB-Support


関連するページ : Windows Live フォトギャラリー バージョン2009


No:173 タイトル:デジカメからパソコンに写真を読み込む

Windows Live フォトギャラリーの写真とビデオの読み込み機能は、撮影日時をスライダーで操作して、フォルダ分けをしてくれます。フォルダ毎の名前、タグ入力が面倒かも知れませんが、管理するにはそれらは必須です。

投稿者:MB-Support


関連するページ : 「自動再生」について


No:174 タイトル:デジカメから写真をパソコンに移動する

エクスプローラで、デジタルカメラのメモリに直接アクセスして、パソコンにドラッグアンドドロップで取り込みます。USBケーブルで接続したデジカメは、カードリーダー的な役割となり、デジカメ内のメモリはリムーバブルディスクとして認識されるので、ドラッグアンドドロップはコピーアンドペーストと同じく、デジカメ内の写真は削除されません。ムービーでは、取り込んだフォルダをWindows Live フォトギャラリーに登録、削除までを実行しています。

投稿者:MB-Support


関連するページ : 「自動再生」について


No:175 タイトル:理想的な写真の保管方法

Windows Live フォトギャラリーで写真を管理するには、あらかじめフォルダを作成してそのフォルダをギャラリーに登録します。フォトギャラリーの写真読み込み時の設定は、そのフォルダを指定します。フォトギャラリーは、ギャラリーに登録されたフォルダのサブフォルダ内も関連付けられるので、気軽に写真を移動、追加が可能です。ここでは、適当ではありませんが、一例としてデスクトップにギャラリーに登録するフォルダを作成してみます。現実的には、Cドライブ以外のドライブや他のパーティションが理想的です。

投稿者:MB-Support


関連するページ : Windows Live フォトギャラリー バージョン2009


No:176 タイトル:写真からビデオを作成

まずは、Windows Live ムービーメーカー(現時点ではベータ)で作成してみます。ビデオに使う写真を選択します。Windows Liveムービーメーカーでエンコード中は、右下に進捗状況が表示されます。このビデオでは、それを忘れて完成したムービーを探しています。結局、完成した時に指定したフォルダに保管されています。次は、Windows Vistaに付属する、Windows ムービーメーカーで写真をムービーにしてみます。切り換え効果が豊富なので、現時点ではこちらの方が便利です。ただし、Windows 7 からは、付属されない可能性が高いかも。

投稿者:MB-Support


関連するページ : Windows Live ムービーメーカー Betaを使ってみました


No:177 タイトル:複数の写真からパノラマ写真を合成する

前回のビデオで取り込んだ写真の内、5枚の風景写真が重なっているので、これをWindows Live フォトギャラリーで合成してパノラマ写真を作成してみます。

投稿者:MB-Support


関連するページ : Windows Live Photo Gallery で、2枚以上の写真からパノラマ写真を作成する方法





[ エントリー数 7件表示 / 8件 ] [ 1 ページ / 2 ] 12

次へ