MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

1.Windows Vistaでデュアルディスプレイを構成する場合の壁紙



 2007 年 12 月 22 日 (

1.Windows Vistaでデュアルディスプレイを構成する場合の壁紙

Windows Vista + NVIDIA グラフィックスカードの環境では、Windows XP とは異なり、水平スパンモードが利用できません。もともと、作業の内容によってはデュアルディスプレイの環境でデュアルビュー(マウスが2枚のディスプレイを移動できる機能)を利用する機会が多いと思われますが、Windows Vista でも XP でも、納得できる背景画像(壁紙)を用意するのが大変です。



カテゴリ : ワトソンのパソコン教室 / 画面の設定


投稿パネルを開く

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[2905] → Re:[この日記へのレス]

マイクロソフトのEngineering Windows 7 ブログ に「マルチ モニターへの支持」と題されたテキストに、タスクバーのマルチモニターサポートを議論するために多数のユーザーからコメントを得たとあります。Windows XPでは利用可能であった水平スパンでのタスクバーの延長が、Windows Vistaでは画面1に設定したモニターにしか表示されず、デュアルディスプレイの機能の一つが消滅している事に多くの意見があった様です。
タスクバーが2枚の液晶に表示される事で、起動しているタスクが多い場合に重宝しますが、これが2枚以上の液晶を使っても1枚分しか存在しないため、タスクバーに関しては利便性がシングルモニターと同等になってしまいます。ただし、多くのタスクを常に実行するユーザー向けに、必要なタスクを瞬時に見つけられる機能として、Windows Aeroが有効な環境のみ、各タスクにマウスカーソルを乗せるとサムネイル表示、Windows フリップ3Dがあります。

もし、Windows Vistaのデュアルディスプレイでスパンモードが可能だったとしても、Windows フリップ3Dを多用する場合、画面の中央に表示されてしまっては微妙でもあります(2枚にまたがる中央に表示されると、液晶のベゼルが邪魔になる)。どちらが良いのか、管理人は不明ですが、地上デジタル放送やBlu-Rayの視聴を考慮して、フルHD対応の液晶に乗り換えたため、現在はデュアルディスプレイを使っていません。つまり、個人的には興味が薄れています。




投稿者 : 管理人 さん
投稿日 : 2008 年 10 月 29 日 - 02 時 56 分 36 秒

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]