MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

Vista登場寸前にWindows XP Home Edition のサポート期間の延長



 2007 年 1 月 26 日 (金)

WindowsXPには複数のエディションとサービスパックの状態により、さらに種類が分かれますが、ビジネス向けWindows XP Professionalは最短 10 年間、コンシューマー向けWindows XP Home Editionは最短 5 年間、一般発売後にサポートが提供される事になっていました。


今回の変更は、Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2、Microsoft Windows XP Media Center Edition 2002 Service Pack 2、Microsoft Windows XP Media Center Edition 2004 Service Pack 2、Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005 Service Pack 2の4製品が、ビジネス向けのWindows XP Professionalとサポート期間が同一に延長されました。

今のマイクロソフトであれば、パソコンの買い替えを強要する行為も可能となってしまうのが問題のところ。 実際はセキュリティやハードウェアの進化により、アップグレードが必要ではありますが、Windows XPの完成度が高いことから(もちろん、セキュリティは時代と共に落ちる)、生息期間が長くなる事が予想されました。

そういった意味では、今回のサポート期間の延長は、結果的に良い事なのか否かは判断ができません^_^; ただ、Windows XP Home EditionをWindows Vista発売後、2年間以降も利用し続けたいと願うユーザーが多かった事は事実であり、それに答えた形になります。

コンシューマーに関しては、OS単体をアップグレードするかは不明なところ。 Windows Vistaは高性能なパソコンで利用するしかないので、買い替えを余儀なくされるユーザーも多いでしょうし、逆に高性能なパソコンを利用していても、最初から搭載していたWindowsXPを利用し続けるユーザーも多いでしょう(たぶん、一般的にはOSよりも日常作業が先行するのと思います)。 詳細は以下のページでご確認ください。

Windows XP Home Editionのサポート ライフサイクル

カテゴリ : ベイカーストリート / 管理人の独り言


投稿パネルを開く

[ コメント数 0件 ]