MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

Windows Vista パッケージ製品のライセンスで、パソコン移行回数の制限がなくなりました。



 2006 年 11 月 8 日 (水)

当初予定されていたWindows Vista パッケージ製品のライセンスが変更されました。 Windows Vistaでは、従来のWindowsXPとは異なり、パッケージを購入したとしても、1度だけしかパソコンを変更できないライセンス形態になっていました。

【予約】 Windows Vista Home Premium

もちろん、OEM版は組み込むパソコンを変更できないのですが、価格が割高になるパッケージ版を購入するメリットは、パソコンを変更しても問題が無い事です(もちろん1ライセンスにつき1台のパソコン)。 ところが、Windows Vistaではある時点から、最初にインストールしたパソコンからの移行は1回だけと制限が設けられました。 これだと、全く移行できないOEM版より少しマシな程度の保険がつくだけです。わざわざ高価なパッケージ版を購入するのはもったいないと印象を受けます。 「何で高価なパッケージを買うんだよ?OEMで十分だろう?」と思われる人もいると思いますが、 自作パソコン派のユーザーは、パソコンを買い換えるなんて事はしません(^^ゞ マザーボードプロセッサ(CPU)メモリ を購入して組み替えてしまいします。 そんな時でも従来のパッケージ版のライセンスなら、問題なく移行できるので意外に人気があり、これが1回だけの制限が付くと、えらい大騒ぎなのです。 事実上、ライセンスにお金を支払っているのですから、安くするとかしないと売れないかも知れません。

そこで朗報です。ライセンス形態に不満を持つユーザーのフィードバックが多かった様です(^^ゞ 1回だけの制限が、従来のライセンス形態と同じく、最初にインストールしたパソコンから完全にWindows Vistaをアンインストールすれば、他のパソコンに回数制限無しにインストールできることになったようです。 これ、当たり前の話の様な気がします(^^ゞ 正直、最初に発表されたライセンスでは、もうパッケージ版は売れないな〜と思ってしまいました。 なんか、再変更でユーザーのために動いた感じですが、恩着せがましい気がします。だったら、最初から変更しなければいいじゃない(^^ゞ

アップグレードに関しては、ライセンス認証で処理する仕組みを採用すると聞きました。つまり、どのバージョンを購入しても、最初から全バージョンが組み込まれているか、ネットでダウンロードするかで、バージョンアップができるようになると読んだ事があります。 ユーザーにとっても便利なシステムなので実現して欲しいですが、この流れからすると、もはやパッケージ版のアップグレードを購入する、もしくは、パッケージ自体販売しなくなる傾向に進んでいるのかと思いました (WindowsXPが存在する限り売れますが)。 そこで、ライセンスの変更を知ったのでなおさらパッケージ版の存在が微妙になりました。

結果的には全く問題はありません。OEM版の方は全く分かりませんが、パッケージ版の予約販売は始まっています。アマゾンなどで購入したユーザーも心配はありません。


News: Revision to Windows Vista retail licensing terms

カテゴリ : ホームズ備忘録 / Windows Vista


投稿パネルを開く

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[126] → Re:[この日記へのレス]

少し古いですが、管理人がWindows Vista ベータ2でライセンス認証を実行した時の日記です。

Windows Vista ベータ 2 ライセンス認証
http://mbsupport.dip.jp/mb/wvb_6.htm



返信 このコメントは管理人より投稿されました投稿者 : 管理人
投稿日 : 2006 年 11 月 09 日 - 13 時 28 分 40 秒

[ コメント数 1件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]