MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

 カテゴリ:
 

スパイウェアの検知と除去が可能な無料ツール Windows Defender 正式版が登場



 2006 年 10 月 25 日 (水)

マイクロソフトが無料で提供するスパイウェア対策ソフト「Windows Defender(ウインドウズ ディフェンダー)」の正式版が公開されました。 現在は英語版のみで、日本のページではベータ2のダウンロードだけになります。 日本では「Windows 防除ツール」とも呼ばれていましたが、 Windows Defenderと名前を統一。 機能は的を絞ったスパイウェアの検知、削除。Windows Updateにより定義ファイルが更新される仕様なので、初心者でも簡単に利用できます。


販売ショップ : Microsoft Store 日本 公式サイト

ショップリンク:このショップの商品を掲載した数(52)

カテゴリ : ホームズ備忘録 / Windows Defender


投稿パネルを開く

[ コメント数 3件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[26] → Re:[24]

Windows Defenderとの共存。両方のスパイウェア対策が無効にトラブルに遭遇。



このコメントはホームズより投稿されました投稿者 : ホームズ
投稿日 : 2006 年 10 月 25 日 - 22 時 09 分 53 秒


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[25] → Re:[24]

Windows Live(TM) OneCare(TM) Beta (v1.5) の動作環境を確認するためにWindows Live Ideasにアクセスしたら、Windows Live(TM) OneCare(TM) Family Safety Betaなるものが「まもなくサービス提供開始」とありました。


お子様が安全にインターネットを利用する環境を構築するためのサービスとあります。Web コンテンツの制限、アクセスしたサイトの一覧表示、Windows Live IDにより、どこからでもお子様のオンライン活動を確認する事が可能。

確認と言えば聞こえは良いが・・・・監視とも言える



このコメントは管理人より投稿されました投稿者 : 管理人
投稿日 : 2006 年 10 月 25 日 - 21 時 58 分 57 秒


オリジナルサイズの画像を表示する(JavaScriptを有効にしている必要があります)

投稿NO:[24] → Re:[この日記へのレス]

特に問題はありませんが、日本語版が登場するまでインストールは待った方が妥当です。Windows Live OneCare betaとの併用はできない模様。ん・・・Windows Vistaでは標準搭載される予定、すくなくてもRC1には搭載されていました。Windows Live OneCare betaは、Windows XP SP2 または Windows Vista (ビルド 5500 以上。推奨ビルドは 5600 別名 RC1) で動作するとあるので、どういう事か・・・?



このコメントは管理人より投稿されました投稿者 : 管理人
投稿日 : 2006 年 10 月 25 日 - 21 時 52 分 07 秒

[ コメント数 3件 ] 表示の切り替え : [ 昇順 ] [ 昇順 ]