MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

キャンドルライト
(電池式 ろうそく型 LED)


電池式ろうそく型LEDライトをリサイクルショップで購入しました。ガラスケースに陳列された6個の内、3個を1,000円くらいで購入しました(店頭で動作確認もしてくれました)。高さは12cmと14cmがあり、直径は17.5cmです。

単3電池2本を収納する電池ボックスとスイッチは底部にあります。電池ボックスの蓋を見れば分かりますが、LUMINARA(ルミナラ)ではありません。リサイクルショップで購入したため、アルカリ電池は付属していました。本来は別売りだと思われます。

炎の部分は高さ2.5cmほどのABS樹脂の板で、針金が貫通しています。本体を動かしたり、風が当たったりすれば揺れますが、点灯しただけでは動きません。手前にLEDライトが仕込まれており、ABS樹脂の板に反射して蝋燭の灯を演出しています。

久しく蝋燭の火を見ていないので、これが現実的なのか判断できませんが、蝋燭本体も光っているのは現実的ではありません。1時間ほど点灯しましたが、LEDのためか本体が熱くなることはありません。

ちょうど10年前、電気式のキャンドルライトに興味を持ち、アンティークショップでvecchio(ベッキオ)のキャンドルライト・・・みたいな類似品を購入しました。コンセントから電力を供給してシャンデリア電球(10W)を点灯するため明るく、この照明だけで一ヵ月ほど生活していました。

時代はLEDとなり、ろうそく型LEDライト honono Stick(ほののスティック)を改造して、真鍮製のキャンドルスタンドに取り付けました。火の揺らぎを楽しめますが、LEDゆえに光量が少ないです。グラナダテレビ制作のシャーロック・ホームズの冒険では、ホームズの寝室、Duchess Dressing Table(ダッチェス ドレッシング テーブル)の上にあります。

その後、ピアノライトに移行して、電気式キャンドルライトへの興味が薄れていきました。

その後、LUMINARA(ルミナラ)のキャンドルライトを知りましたが、燭台無しのろうそくに納得できず、購入には至りませでした。今回、LUMINARA(ルミナラ)のキャンドルライトだと思って購入しましたが、実際は1個1,000円未満で販売されている類似品だったと分かりました。もちろん、動作確認をして商品を確認したので、納得した上で購入しています。

私が購入したキャンドルライトは、ろうそくの質感と同じ・・・というよりも、表面は本当の蝋で出来ていると思われます(パラフィンワックスってやつかな?)。爪で削れますし、べたつき、臭いも気になります。電池交換やスイッチのオンオフで、持ち上げるたびに手を洗いたくなります。蝋燭みたいないライトが欲しいのであって、実際に蝋みたいな素材でコーティングされても困るわけです。蝋のようなプラスチックの方が、扱いやすく清潔に使えます。LUMINARAのキャンドルライトは、どうなっているのでしょうか?

私が購入した物は炎の揺らぎ再現されていませんが、特に不満ではありません。ヒーリングアイテムとして考えると揺らぎは必須と思われますが、揺れ過ぎるのも気が散ります。2個以上のキャンドルライトを常用するのであれば、リモコンが必須と思われます。単3電池2本で動作するのは便利で、エネループが使えます。LUMINARAの方は点灯時間が長いと思われ、単2電池を2本で動作します。


動画





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項