MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

読書:図説 シャーロック・ホームズ

著者:小林司、東山あかね


2012 年 2 月 17 日発売。1997 年に河出書房新社から出版された「図説 シャーロック・ホームズ」が書版で、2005 年に「海外ホームズ本コレクション」「日本ホームズ本コレクション」や秘蔵グッズの写真が増補され、2012 年 2 月 に改訂・新版初版発行したものです。表紙が変更されていますが、タイトルは同じなので、購入する際は重複しないように、所有している本を確認してから注文しましょう。

縦 21.4 x 横 16.8 x 厚さ 1 cm、143ページと薄い本ですが、写真が多く中身は充実しています。アーサー・コナン・ドイル氏の聖典(小説)シャーロック・ホームズ シリーズを読み終えた後、真っ先に購入したい本と言っても過言ではありません。シャーロック・ホームズが活躍したヴィクトリア朝時代の写真と文章による解説、名探偵の人と生涯、精神と性格、食卓、音楽の才能、時代背景、スコットランド・ヤード、宿敵ジェームズ・モリアーティ教授、ホームズの収入、コカイン、無能な警官たち、貨幣制度と物価、コナン・ドイルに関する情報が掲載されています。

また、シャーロック・ホームズの関連年表とシャーロック・ホームズの事件簿と称した、事件の発行年月日とホームズの活動年月日が、仲間とシャーロック・ホームズを語る上で便利な資料になるでしょう。著者は故 小林司さん、東山あかねさんで、過去の作品を読んでいる人は、ほとんど知っている情報かと思われます。所有する本の中で抜粋元と思われる書籍は、「 シャーロック・ホームズの深層心理(1985年8月) 」「 ガス燈に浮かぶシャーロック・ホームズ(1987年10月) 」「 シャーロック・ホームズ讃歌(1987年10月) 」「 シャーロック・ホームズの旅2(1993年11月) 」「 シャーロック・ホームズの倫敦―写真集 (求龍堂グラフィックス)(1984年11月) 」「 シャーロック・ホームズ原画大全 (スーパー文庫)(1990年2月) 」です。

これらの書籍の重要となる文章、写真、原画が「図説 シャーロック・ホームズ」に掲載されているので、ホームズ入門書としては最適な一冊だと思います。

図説 シャーロック・ホームズ (ふくろうの本/世界の文化)

楽天市場 Yahoo!ショッピング 紀伊國屋書店



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項