MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ダイカスト 半回転取手(床下収納の取っ手)


床下収納の取っ手が壊れたとの通報を受け、現場に乗り込む。一見すると、何が壊れているのか分かりませんが、どうやら取っ手が出てきません。これにより、床下収納のカバーを開ける事ができない様子。よく見ると、歪んでいるのが分かります。



取っ手部分はネジ二本で固定されて、プラスドライバーで簡単に分解できます。



相変わらず、写真では把握し難いのですが、歪んでいて取っ手がスムーズに動きません。さらに、固定部分を見てみると、完全に曲がっており、少し削れているみたいです。しかし、なぜこんな所が曲がったのか? 強い衝撃を与えなければ曲がるはずがありません。クライアントはいつも「分からない」と答える。



ここからはシャーロック・ホームズの推理を発揮するところ。とりあえず、周囲を見渡し、気になる部分を指摘する事になりました。床下収納の取っ手がある部分の反対側に、少し深い傷がありました。



推理としては、まず取っ手をこのようにして、いつも通り床下収納のカバーを持ち上げた。



何かの拍子に、カバーがバタンと反対に倒れた。



その結果、反対側の床に傷が付いた。取っ手の部分が収納された状態なら、壊れる事はありませんでしたが、取り出し状態で倒したため、床に傷が付き、取っ手の弱い部分が床にぶつかり曲がってしまったと推理するのが妥当。ここでクライアントは「そういえば〜」と自白するのです(最初から言いなさい)。悪気がある訳でもなく、その行為が故障の原因だと把握していない無意識の嘘です。



という事で、早速近所のホームセンターに部品を買いに出かけました。低予算で作られた家は、所詮は既製品の集まりで作られています。この部品は「ダイカスト 半回転取手 ナショナル用 ブロンズ」という名称らしい(サイズはいくつかあるので注意して下さい)。



左が新しく購入したもの。「National」のブランドネームがありません(どうだっていいよ)。



ネジ二本で裏のプラスチックと固定して修復完了。



半回転取手は、普段は取っ手部分を平に収納でき、必要な時だけ半回転して取り出せる便利な部品です。DIYで使えるかも知れません。

半回転取手 一覧




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項