MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ゾンビ映画:DAY OF THE DEAD T/Uを見ました


ミーナ・スヴァーリ(Mena Alexandra Suvari)さん主演につられて久々に見たゾンビ映画です。DAY OF THE DEAD(デイ・オブ・ザ・デッド)のタイトルで分かる通り、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画の三作目(邦題は 死霊のえじき )のリメイクとありますが、内容は全くと言っていいほど変更されています。同じところは主人公が強気な女性、ゾンビを手なずけるところくらいでしょうか。死霊のえじきでは女性の恋人が噛まれた時に適切な処置をします。 さらに医者がゾンビを研究する課程で、バブと名付けたゾンビを手なずけます。 この二つをミックスさせて、主人公に好意を抱く新兵が噛まれゾンビになり、人間に危害を加えない流れとなります。

台詞では「菜食主義だから」とありますが、これはリメイク版であるところが重要です。 生き残るためにゾンビを研究して手なずける元の内容を踏まえています(その課程はばっさりカットされていますが)。 もちろん、これは読んでるだけでは理解するのは難しいですが、ゾンビの原因はウイルスと設定されています。 ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビより動きが速いですが、燃えるのも速いです。

デイ・オブ・ザ・デッド


続けて二作目を見ましたが、全く一作目と関係はありません。これは残念でしたが、物語の流れはいいと思います。管理人の持論ですが、「下手なホラー映画とアダルトビデオは似てる」ですが、そういった心配はありませんでした。しかし、いくつか理解できないところがあり、尻切れトンボの感があります。ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビが好きなら、「DAY OF THE DEADT」がおすすめです。

デイ・オブ・ザ・デッド2


ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビシリーズで、知能を持つのは4作目の ランド・オブ・ザ・デッド (Land of the Dead 2005年)です。1作目の ナイト・オブ・ザ・リビングデッド (The Night of Living Dead, 1968 と白黒とカラー版があるので注意)、2作目の ドーン・オブ・ザ・デッド (Dawn of the Dead, 1978)、3作目の デイ・オブ・ザ・デッド (邦題:死霊のえじき Day of the Dead, 1985)までは、ゾンビが人間と同じく知能を持つ事はなく、スピードも速くありません。4作目のランド・オブ・ザ・デッドでは、人間と同じく知能を持ちますが、スピードは維持され、常に数で対抗する事になります。


ミーナ・スヴァーリ ジョージ・A・ロメロ 閉じる

ジョージ・A・ロメロ監督の最新が五作目のダイアリー・オブ・ザ・デッドになるようで、こちらはまだ見ていません。 アマゾンに掲載されているストーリーには、YouTube が登場しています。もし、今、ゾンビが登場したらこうなるであろうと思われる物語で面白そうです。

ダイアリー・オブ・ザ・デッド




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項