MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

鴨川シーワールドと海

 巨大なマンボウを目の前にして驚きました。CASIO EXILIM EX-Z1080でSD(H.264)と、CASIO EXILIM EX-Z300 HD(1280×720 H.264)で海を撮影してきました。


GWは千葉県鴨川市にあるシーワールドへ行ってきました。単純に海が見たかったのですが、鴨川シーワールドに入場してしまうと、浜辺に降りる事ができません。シーワールドは水族館とベルーガ、イルカ、シャチ、アシカのパフォーマンスを見物できますが、さすがにゴールデンウィークであるため混んでいました。



管理人は「どうぶつの森」をやっていますが、ここで釣れる魚を見学してきました。イトウは15000ベル(ビデオでは15秒から)、ウツボは2000ベル(ビデオでは51秒から)、サメは15000ベル、エイは3000ベル(ビデオでは1分6秒から)、マンボウは4000ベル(ビデオでは1分46秒から)。マンボウは初めて泳いでいるのを見学しましたが、こんなに大きい魚だとは知りませんでした。ビデオでは巨大さが伝わりませんが、マンボウは水槽の中に網みたいな囲いがあります。衝突に弱い魚で、水槽に直接入れると壁にぶつかって生存が危ういとのこと。



クラゲは100ベル(ビデオでは2分23秒から)で、下から撮影したので幻想的です。浜辺へ降りたければ、鴨川シーワールドを退出して、駐車上から歩いて行けます(ビデオでは2分50秒から)。




動画を撮影したデジカメ:通常はCASIO EXILIM EX-Z1080でSD(H.264)、ビデオの4分17秒からCASIO EXILIM EX-Z300 HD(1280×720 H.264)で撮影しました。YouTubeにアップロードする前に、Windows ムービー メーカーでつなぎ合わせてWindows HD720でエンコードしました。これにより、SDの動画は1280×720に引き延ばされ、4分17秒からはネイティブ解像度となります。


鴨川シーワールド - OneDrive


今回のビデオの編集前に「コーデックパック」から「CCCP」に変更しましたが、動画の再生に問題は無く、EXILIMで撮影したMOV形式のファイルをWindows ムービー メーカーに読み込むと、音声が得られないトラブルに遭遇しました。おそらく、設定の問題と思われますが、良く分からないのでコーデックパックに戻して編集しました。これに関してはいずれどこかの日記に掲載したいと思います。

帰宅してからコンピューターに撮影したファイルを移動すると、ビデオばかり撮影して写真を撮り忘れていました。水族館内はフラッシュ禁止なので(魚が驚くので)、上手く撮影できる自信はありませんが。



くらげのビデオをDreamSceneへ

「いらないよ〜」と言われてしまうかも知れませんが、くらげのビデオが幻想的なのでWMV形式でSkayDrive(スカイドライブ)の公開フォルダーにアップロードしました。 Windows DreamScene(ウインドウズ ドリームシーン)は、デスクトップの背景としてビデオを再生する機能で、Windows Vista Ultimate(ウインドウズ ビスタ アルティメイト)に付属する機能です。

SkayDriveからビデオをダウンロードしてWindows DreamSceneを実行する流れは、以下のビデオを参照して下さい。






Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項