MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

夢の世界に行ってきました


[ページ数: 1 / 3] 1 2 3 次へ

山の噴火を楽しんできました。本当は西洋の城を見たかったのですが、今回は山と海がテーマです。 Windows Live フォトギャラリーで数枚の写真をパノラマ写真に編集してみました。一枚目はトリミング無しです。




パソコンから離れ、心が癒される風景です。ただ、どこの国なのかと聞かれると、正直分からないです。




鉱山で水の神と火の神が正面衝突。怒った神はトロッコのレールをねじ曲げてしまいました。 両極端の神の怒りが、水が流れる階段に火を放っています。もちろん、この階段は上れませんし、下りられませんでした。



趣味で発掘もやっています。成果はそれなり。



同じく、趣味で海底にも行きました。右はネモ船長のノーチラス号。巨大なタコに襲われて、地上に生還できるか心配でした。



好意でモネ船長の部屋に招かれました。ここには素晴らしアンティーク家具と革装丁の貴重な書物があります。



立派なチェスターフィールドソファを愛用していました。



革装丁の洋書が無造作に置かれています。



本日宿泊する予定のホテルは右。立派でしょ?



レオナルド・ダ・ヴィンチの展示物を拝見。



すっかり外は暗くなっていました。ホテルに戻る前にルネサンス号を見学。 なぜかは不明ですが、大砲を撃たせてもらいました。 しかし、必ず撃てる訳ではなく、不発になることもあります。 周りの子供に「しょぼ〜」と言われるので、お父さんは気をつけて。船内には革装丁の洋書が。



素晴らしい街並み。途中、キャンドルショップのショーウインドウに魅了されました。 最初は卓上オブジェかと思いましたが、全てロウソクで火を灯す芯があります。



さて、ようやく昼間見たホテル「ハイタワー」に到着。素晴らしい外観ではないか!



しかし、昼間見た時よりも不気味です。ブラックライトに照らされると、白いワイシャツが紫に光るのは分かりますが、建物全体がこんな感じになるのは初めて見る光景。



このホテルの名前は「HIGHTOWE HOTEL(ハイタワーホテル)」。しかし、時々「TOWER of TERROR(恐怖の塔)」と見えますが、まぁ、気のせいでしょう。 中に入ると、素晴らしい芸術品や絵画を目にしますが、チェックインをするロビーは埃だらけ。しかし、シャンデリアに埃はありません。 問題は・・・このタワーの主である「ハイタワー三世」がエレベーターの事故に遭遇して本人は行方不明との事。 その事故現場がロビーにそのまま残されています。なんて不吉な・・・



最上階のスイートを指名。座席が存在する珍しいエレベーターに乗ると、どうも様子が変。 なんでも、引き返せと注意される。さらには、最後の生きた姿に別れを告げよと、エレベーターに座っている私達が写る鏡を見る事に。 髪型をチェックしているどころではありません、最上階に到着してドアが開くと・・・ なんと、外が見えるでは無いか・・・ しかも、とても高い場所だ。そこからは悲惨です。エレベーターの故障なのか、いきなり下に落とされます。 しかし、また上に登ります。あっ、私のスイートルームへ・・とはいきません。 再び急降下・・・このホテルの最上階の部屋に辿り着いた人はいるのでしょうか? 私は結局1階に戻され、外に放り出されてしまいました。まぁ、命があっただけ良かったのかも知れません。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 1 / 3] 1 2 3 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項