MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

シャーロック・ホームズの馬車が日本に存在していた


イギリス・グラナダテレビ制作のジェレミーブレット主演「シャーロック・ホームズの冒険」は、ホームズファンにとって最も愛された実写版ホームズですが、その撮影に使用された馬車が日本の群馬に展示されていました。


ヨーロッパの古城を日本に輸入して再現されたロックハート城がある大理石村のとある飲食店内にそれはあります。 大理石村の入場料を払えば、飲食する必要なくこれを見学することができます。



個人的には、ロックハート城内にこれが展示されてあっても良いと思われます。 城外に出て帰る途中にたまたま寄ったので発見できましたが、危うく見逃して帰るところでした。パンフレットは隅々見た方が無難です。



シャーロック・ホームズが使ったかどうかは不明です。箱馬車はお金持ちが乗るもので、ホームズがよく「カーム」と呼んで馬車に乗り込む時、足下は閉めますが前面ガラスの箱馬車は撮影の都合上を考えても不便です。 実際に乗る時は、こちらの方が風を妨げ乗り心地が良いと思われます。



馬車の前方下部、こんな部分を普段見ることはできません。これはサスペンションか?



御者が乗る部分。ここから前が馬で、手綱を使い馬車を運転します。ホームズが運転するシーンもあります。



後部の車輪。



開閉可能な客席後部。



逆席の扉。ここから乗車します。



客席に乗り込む際に足をかける場所。



ホームズをイメージしたルーペを持った人形が、乗車しています。 実際にイギリス・グラナダテレビ制作のシャーロック・ホームズの冒険で、ジェレミーブレットはこの格好をした事はありません。 燕尾服、シルクハット、ステッキ、革手袋がお決まりのホームズ・ファッションでした。



警官の帽子。残念ながら、これらは大理石村のほんの一角にしかありません。 これが展示されている飲食店の前に、ロックハート城があります。ロックハート城を見学した日記は以下。


ヨーロッパの古城 ロックハート城





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項