MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ピーターラビット ビアトリクス・ポター資料館


本日は、こども動物自然公園に行きました。動物が見たかったのか?いえいえ、そうではありません。

目当てはこれ。2008 年 4 月 1 日(火)〜 4 月 6 日(日)まで、オープン 2 周年記念イベントで、通常、大人 200 円の入館料が無料との事。しかし、こども動物自然公園の入場料 500 円が必要。

こんな感じの資料館でシャーロックホームズもあって欲しいのですが、とりあえずホームズと同じイギリス生まれのピーターラビット。

資料館は、ピーターラビットの作者 ヘレン・ビアトリクス・ポター が買い取った英国のヒルトップ農場の家を、忠実に再現しています(一部、資料館としての利便性を図るため改良されている)。

もちろん、館内は撮影禁止。ビアトリクス・ポター蔵書コレクションの貴重な書籍や原画が展示されている、その館内も再現されているため、シャーロックホームズファンなら気に入るインテリアだと思います。

もともと、自費出版から始まったピーターラビット物語。その前は、本ではなく病気を患った子供を励ます手紙から物語は始まります。

資料館の前には、ビーターラビットの森があり、ブラウンじいさまやティギーおばさんがいます(本物です)。また、ピーターとベンジャミンの置物があり、そこで写真を撮る事もできます。

資料館は本物の家を再現しているため、とても小さい。そのため、別に専門の売店が設けられ、そこでピーターラビットグッズを購入可能。



ビアトリクス・ポター | 大東文化大学英米文学科




Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項