MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Active Protection Service (MAPS)の設定:Windows 8.1

Windows Defender がオンのときに、Microsoft Active Protection Service に情報やファイルを送ってマルウェアからの保護を強化する


Windows 8.1 インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「Microsoftやその他のサービスと情報を共有する」にて「Windows Defender がオンのときに、Microsoft Active Protection Service に情報やファイルを送ってマルウェアからの保護を強化する」のオン・オフを問われます。

MAPS に関しては、Microsoft Security Essentials のプライバシーに関する声明、あるいは、設定画面の説明を参照して下さい。


Microsoft Security Essentials のプライバシーに関する声明 - Microsoft Windows

なお、Windows Defender は、Windows 8 に最初からインストールされており、Windows 7 までは任意でインストールする「Microsoft Security Essential(マイクロソフト セキュリティ エッセンシャル)」と同じです。

[悪意のあるアプリやマルウェアに対する Microsoft の対策をサポートするために、Microsoft Active Protection Service に参加する]:この設定をオンにすると、Windows Defender(Windows のマルウェア対策プログラム)が定期的に PC をスキャンして、マルウェアが迷惑ソフトウェアを検出します。Microsoft Active Protection Service は、Microsoft のマルウェア対策テクノロジの品質向上に役立てるために、Windows Defender によって検出されたマルウェアに関する情報を Microsoft に送信します。たとえば、マルウェアの入手元、マルウェアが検出された後に行なわれた対処、その対処が効果を上げたかどうかなどに関する詳細情報が送信されます。Windows Defender が削除できるマルウェアや迷惑ソフトウェアに関する情報が報告された場合、MAPS は最新のシグネチャをダウンロードして対処します。Windows Defender によって疑わしいファイルが Microsoft に自動的に送信されます。ただし、自動的に送信されるのは、個人を特定できる情報が含まれている可能性が低いファイルのみです。見つかった疑わしいファイルに個人を特定できる情報が含まれている場合は、そのファイルを Microsoft に送信する前に、その許可が求められます。

この設定を Windows 8.1 をインストール、あるいは、Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートしてから変更する方法を説明します。



1.この設定を Windows 8.1 をインストールしてから変更する場合は、画面、左下にポインター(白矢印)を移動して、表示されたメニューから「コントロール パネル(P)」をクリックします。



2.「コントロール パネル」が表示されたら、右上の「カテゴリ」ボタンをクリックします。さらに、「大きいアイコン(L)」をクリックします。



3.「Windows Defender」をクリックします。



4.「Windows Defender」が起動したら、「設定」タブをクリックします。左メニューの「MAPS」をクリックして、右の選択肢からクリックで選びます。変更した場合は、最後に「変更の保存(S)」ボタンをクリックします。インストール時の「Windows Defender がオンのときに、Microsoft Active Protection Service に情報やファイルを送ってマルウェアからの保護を強化する」をオフにするとは、この画面の「MAPSに参加しない」を選択するのに等しく、オンにした場合は「基本メンバーシップ」と同じです。

Microsoft Active Protection Service (MAPS)を使用して、マルウェアや望ましくない可能性のあるソフトウェアについて Microsoft に自動的に報告されるようにすると、MAPS によってお使いの PC の保護が強化されます。

検出されたソフトウェアに関して、基本情報と追加情報のいずれかを選択して送信できます。追加情報は、新しい定義を作成し、Microsoft のセキュリティ プログラムを使用するすべてのユーザーを保護するために利用させていただきます。望ましくない可能性のあるソフトウェアに関する詳細が MAPS のレポート(基本情報または追加情報)に含まれており、そのソフトウェアをこのアプリで削除できる可能性がある場合、MAPS では最新の署名をダウンロードして対処します。

MAPS に参加しない(I)

Microsoft に情報は送信されません。お客様の PC で未分類のソフトウェアが実行されていることを検出されても、警告は表示されません。

基本メンバーシップ(B)

お使いの PC から検出されたマルウェアが望ましくない可能性のあるソフトウェアに関する情報(URL や部分的なパスなどのソフトウェア発行元、脅威の問題を解決するために行なう操作、およびそれらの操作が成功したかどうかの情報を含む)が Microsoft に送信されます。

上級メンバーシップ(A)

基本情報に加え、マルウェアや望ましくない可能性のあるソフトウェアについて、ソフトウェアへの完全なパス、ソフトウェアが PC に及ぼした影響に関する詳細な情報などの追加情報が Microsoft に送信されます。

メンバーシップと言っても、ここでチェックするのみで、特に何処かで会員登録する必要はありません。未知の悪意のあるソフトウェアに対して安全を確保したければ、「基本」あるいは「上級」のメンバーシップを選択して、自分のコンピューターの情報を Microsoft に送信する必要があるということで、それを望むか拒否するかをここで選択するわけです。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項