MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Windows 8.1
2013 年 10 月 18 日(金)発売開始


Microsoft Windows 8 のアップグレードに位置する「Windows 8.1(コードネーム Blue)」が 2013 年 10 月 18 日(金)に発売されました。 Microsoft のサポートが付くパッケージ版と DSP(Delivery Service Partner)版が発売され、アップグレード版は存在しません。 Windows 8、Windows RTを利用しているユーザーは、Windows Store を経由して無料でアップグレードできるので、購入しなくて大丈夫です。 これからパソコンを購入する人は、Windows 8 ではなく、Windows 8.1 がインストールされていることを確認しましょう(無料でアップグレードできますが面倒ですから)。 自作パソコンを検討しており、ある程度 Windows を使った経験がある人には、単品購入できコストパフォーマンスが高い DSP 版が人気かも知れません。



パッケージ 版

パッケージ版は Windows 7 のみアップグレード可能で、Windows XP 、Windows Vista からは新規インストールとなります。もちろん、Windows 7 ユーザーも新規インストール可能で、ようするにアップグレード版という割安なパッケージが無くなっただけです。どのサイトで読んだか忘れましたが、Windows 8.1 に付属する転送ツールが、Windows XP では利用できないような事が書かれていました(私は確認していません)。パッケージ版の種類は以下の3つ。 以下のツクモショップの説明が参考になります。

Microsoft 最新OS Windows 8.1 の魅力をご紹介! - ツクモ



Microsoft Windows 8.1

一般ユーザーやご家庭向けのエディションで、多くの人がこれを選ぶと思われます。



Microsoft Windows 8.1 Pro

企業向けで、Windows 8.1 との違いは、ドライブを暗号化し、大切なデータを保護する BitLocker 機能、外出先の PC から自宅の PC の中に入っているファイルやアプリケーションを操作できる、リモートデスクトップ機能、ドメイン参加による会社や学校のネットワークの接続が可能です。



Microsoft Windows 8.1 Pro Pack with Windows Media Center (Windows 8.1からWindows 8.1 Pro)

Windows 8.1 から Windows 8.1 Pro with Media Center へアップグレードするパッケージで、別売りの対応TVチューナーでテレビ視聴、録画が楽しめる Media Center 機能を追加できます。



DSP 版

パッケージ版は 32 ビット版と 64 ビット版が同梱されていますが(利用できるのはどちらか一つ)、DSP 版は 32 ビット版と64ビット版が分れているので、購入する前にビット数を決める必要があります。


Windows 8.1 32bit DSP版

Windows 8.1 64bit DSP版

Windows 8.1 Pro 32bit DSP版

Windows 8.1 Pro 64bit DSP版


一昔前はコストパフォーマンスに優れた DSP 版を薦めていましたし、もし購入するのであれば、DSP 版を購入しますが、今はマイクロソフトのサポートが付くパッケージ版をお薦めします。価格が変動するので何とも言えませんが、現時点でパッケージ版と DSP 版の価格差が約 \2,000 の Windows 8.1 は、\2,000 を取るかマイクロソフトのサポートを取るかで決めれば良いでしょう。一方、Windows 8.1 Pro は約 \12,000 も差があるので、私なら DSP 版を選びます。



システムの要件

CPU PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ
メモリー 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハードディスクの空き容量 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット)
ビデオカード Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

Windows 8 のシステム要件



Windows 7 のパッケージ製品販売終了

Windows 8.1 と共に発表されたのは、Windows 7 のパッケージ製品販売終了の時期です。2013年10月末を持って、Windows 7 が購入できなくなります。なお、Windows 7 の DSP 版は、パーツと同時に購入して、パーツと一緒に使う必要があります。



Windows XP のパッケージ製品販売終了

Windows XP へのセキュリティ更新プログラムの提供が 2014 年 4 月 9 日に終了するため、消費税増税前に買い替えが発生するでしょう。 2013 年 10 月末をもって、Microsoft からの Windows 7 パッケージ製品の出荷が終了するため、WindowsXP から Windows 8.1 へ移行するユーザーが多く、Microsoft のサポートが付いたパッケージ版を購入するのが妥当かも知れません。



管理人の予定

管理人は Windows 8.1 のパッケージ版も DSP 版も購入する予定がありません。既存の Windows 8 Pro with Media Center と Surface RTicon の Windows RT を無償でアップグレードします。 特に、Windows RT 8.1 のアップグレードで搭載される Office RT のメーラー「Outlook 2013 RT」が重宝すると思います。

結局、地デジと Windows Media Center の互換性の問題で、デスクトップで Windows 8 Pro with Media Center を起動したのは、ホームページに掲載する日記を書くための数回でした。 OS 自体は好きですが、日本の地デジに問題があり、しばらく Windows 7 Professional 64bit と Windows Media Center を使い続けると思います。

一方、Microsoft Surface RT は、リビングで大活躍しています。Windows 8 よりも Windows RT と Office RT を使う機会が多いです。今後、Microsoft の CEO も交代するようなので、どんな展開になるのか楽しみでもあり、不安でもあります。

Windows 8.1 新登場、2014 年 4 月に Windows XP サポート終了 - Amazon

Microsoft Surface RT + Touch Cover を購入しました - MB-Support





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項