MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Amazon アソシエイト・プログラムで表示遅延の障害


先月、通信回線を変更したことで、通常よりもアクセス解析を注視しているのですが、サイトの読み込み時間がある日から右肩上がりになっていました。この問題に関係すると推測しうる業者はいくつかあり、遅延が発生しているページを開き、問題の特定を試みました。



丁度この時期、トラブルが発生した業者がいて、回避策を考えていました。Firefox の YSlow analyzes で確認したときの心の叫びは、「Amazon!お前もか!!」。確か、17日のログでクリック数が正しく計測できないトラブルが発生しました。普段、Internet Explorer 9 を利用しているので、この問題に気がつきませんでした。Google Chrome や Mozilla Firefox でアクセスして、酷い状況だと分かりました。

本家の管理画面では、2012 年 6 月 19 日から問題が発生しているとあり、すでに 3 日目に突入しています。



追記:2012 年 6 月 26 日

前回、サイトからのお知らせで、Amazon アソシエイトプログラムを利用しているサイトにて、遅延が発生している問題を掲載しました。管理画面では 2012 年 6 月 19 日 から発生して対応中との事ですが、26 日の深夜、漸く解消された模様です。

管理人には、Internet Explorer 9を使っているので、この遅延に気がつくのが遅れました。アクセス解析でサイトパフォーマンスをチェックしたところ、当サイトで遅延が発生していることが分かりました。そして、これがAmazon アソシエイトプログラムの問題である事を認識したのが前回です。しかし、この認識は曖昧なものでした。Mozilla Firefox や Google Chromeでアクセスすると、ステータスバーの情報で遅延が発生している事を認識でき、さらに解析ツールを利用することで、Amazonに問題があることが分かります。

そこで、管理画面を確認すると、「「Amazon おまかせリンク」などの一部ウィジェットにて表示の遅延が発生している」とあります。「Amazon おまかせリンク」を当サイトに設置した記憶はありませんでしたが、過去に便利なサービスとして取り上げたページがありました。これを、Internet Explorer 9でアクセスすると、今回のトラブルが致命的であることが分かりました。「Amazon おまかせリンク」の読み込みで遅延が発生して、そのソース以下のHTMLの読み込みも遅延します。アクセスに失敗した後、残りの部分も表示され、結局「Amazon おまかせリンク」が表示されないのが現状です。つまり、待たされるだけで何のメリットもありません。この様な状況が7日間も改善されなかったとは驚きです。


おまかせリンクの遅延により、それ移行のソースの解釈が遅延する。 すべてのソースの解釈が遅延してページは表示されるものの、おかませリンクは表示されない。つまり、待たされるだけでメリットは無い。

ウィジェットのソースは以下で、ページ毎に専用のコードを取得する必要はなく、動的ページであれば、これを一時的に非表示にすれば良いでしょう。静的のページの場合は、埋め込まれた全てのページでトラブルが回避されるまで除去する手間がかかりますが、ホームページ制作ソフトでは、共通するソースを簡単に編集できる機能があるのが一般的です。それを使えば、除去するのも容易いでしょう。もちろん、これらの機能は、制作段階で変更を想定して設計する必要があります。

今回のトラブルで「Amazon おまかせリンク」を除去した後、トラブルが改善したとしても、今回のトラブルの対応次第で、元に戻さないユーザーもいるかも知れません。しかし、それはさておき、管理人はそもそも「Amazon おまかせリンク」を大量に使っていません。にも関わらず、遅延がこれだけ顕著に生じているのはなぜでしょうか?

「Amazon おまかせリンク」のソースを確認すると、次のスクリプトを呼び出しているのが分かります(赤文字)。

<script type="text/javascript"><!--
amazon_ad_tag = "アソシエイトID";
amazon_ad_width = "300";
amazon_ad_height = "250";
amazon_ad_logo = "hide";
amazon_ad_link_target = "new";
amazon_ad_price = "retail";
//--></script>
<script type="text/javascript" src="https://www.assoc-amazon.jp/s/ads.js"></script>


おそらく、このアドレスのスクリプトが書かれた .js ファイルに問題があると思われますが、これはリンクの表示数やクリック数を計測するために埋め込まれる、縦横1pxの画像のアドレスとドメインが同じです。このドメインへのアクセスが拒否されたため、「このページからリンクを作成する」ボタンで作成したHTMLソースを貼り付けたサイトで遅延が発生しました。



例えば、右のスクリーンショットはリンクを生成する画面です。コードには縦横1pxの画像のアドレスが埋め込まれています。


<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4422300512/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=アソシエイトID&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4422300512">戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)</a><img src="https://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=アソシエイトID&l=as2&o=9&a=4422300512" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
 


これを貼り付けたページでは、縦横1pxの画像のアドレスの読み込みで遅延が発生します。



試しに、縦横1pxの画像のアドレスのタグを排除すると、このエラーは発生しませんでした。これにより、トラブルの原因は「Amazon おまかせリンク」の.js ファイルかも知れませんが、このドメインが含まれるリンク全てに遅延のトラブルが発生しました。



「Amazon おまかせリンク」のトラブルに遭遇した場合、スクリプトファイルのエラーなので、サイトの表示に致命的なトラブルとなりました(先に紹介しました)。一方、後者の1px画像のエラーは、とありあえずサイトは正常に表示され、読み込みが完了するまで(エラーが確定するまで)サイトを操作できないわけではありません。サイトの読み込みスピードを改善するには、もの凄い努力と物理的な通信回線の改善が必要です。今回のAmazonのトラブルで、読み込み時間が1分もかかるページもありました。これが一週間も続いた事になります。

IT専門のニュースサイトでは、ファーストサーバのトラブルが話題で、この問題は触れられていませでした。Twitterでは同じトラブルを抱えたユーザーがつぶやいています。現時点では復旧されたと思われますが、正式な発表はありません(このまま無いのかも知れません)。

独自アルゴリムズにより最適な商品を表示する Amazonおまかせリンク(TM) ベータ版





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項