MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

管理人の独り言:アクセス解析で Windows 7 が Windows XP を抜きました


あと 2 ヶ月で今年も終了となります。来年は 2012 年なので映画「シャーロック・ホームズ2」が楽しみでもあり、どこかの国の古いカレンダーには嫌な予言が有るとか無いとか。まぁ、そんな事より、MB-Support のアクセス解析でも、遂に Windows7(ウインドウズ セブン) が Windows XP を抜きました。これは当サイトにアクセスして頂いたユーザーの使っている OS の比率であり、Windows XP 40% に対し、Windows 7 が 44% になりました。Windows Vista では成し遂げられなかった事を、Windows 7 は可能しましが、もちろん、当サイトが公開するページの内容により、アクセスするユーザーの使用 OS が変化します。このデータが利用 OS の比率とは限りませんが、そんなニュースを読んだ気がします。これからパソコンを買い換える事で、Windows XP のシェアは確実に減少の一途をたどりますが、現時点で 40% のユーザーが 10 年前に登場した Windows XP を使っている訳で、OS の移行はスムーズにいかないものだと感慨にふけります。一方、Windows Vista と Windows 7 を合わせると 59% なので、確実ではありませんが、Windows ユーザーの半数以上が Windows Aero 、メイリオフォントの環境なのかも知れません。



ブラウザの比率は Internet Explorer が減り続け、遂に 62% まで下がりました。面白いのが、IE に迫るべき Firefox も減り、IE と Firefox の減った分を Google Chrome が得て勢いが止まらない状況です。Firefox を抜く日が来るのかも知れません。タブレット、ネットブック、スマートフォンに搭載された Android OS が普及したため、Android Browser がランクに入ってきました。



Internet Explorer の内訳は、バージョン 8 が 50% で、最新のバージョン 9 が 29% と続き、バージョン 6 が 11% 、バージョン 7 が 10% となっています。表にすると 0% になるものの、バージョン 10 からのアクセスも確認しています。つまり、Windows 8 からアクセスして頂いている事になります。ブラウザは OS のバージョンによってアップグレードできない場合があるので難しいですが、遅いブラウザが半分を占めているのが何とも言えないところです。OS の比率からすると、バージョン 9 を使える環境にあるものの、あえてバージョン 8 を使っているか、アップグレードするのを躊躇しているのでしょうか。Windows XP ユーザーはバージョン 8 までしかサポートしないので、これは他社ブラウザに鞍替えする可能性があります。バージョン 6 が 11% まで減少しましたが、それでも多いくらいです。Windows Vista に搭載された バージョン 7 が 10% なのも不思議です。ブラウザのバージョンに興味が無いのか、パソコンに興味が無く、やり方が分からないのかも知れません。Google Chrome の場合は自動的にアップグレードされる仕組みが当初は如何なものかと思いましたが、結果的に誰もが最新バージョンを利用する事になり良い方法なのかも知れません。



OS の比率は 92% が Windows で、これはサイトの内容が Windows ユーザーに向けたものなので当然でしょう。数は少ないものの、Android 、iPhone 、iPad 、iPod(全体のパーセンテージは 0% になっていますが、アクセス数としはそれなりにあります)も順調に増えています。

最後になりましたが、Amazon Product Advertising API の仕様変更に伴い、予定された日付をすっかり忘れていました。2011 年 10 月 26 日(水)から変更が実行され、27日の早朝に対処しました。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項