MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

22年振りのソロアルバム
Digitalian is eating breakfast 2


1989 年に発売された小室哲哉さんのソロアルバム「Digitalian is eating breakfast:デジタリアン・イズ・イーティング・ブレックファースト(デジタリアンは朝食中です)」 から 22 年振りとなるソロアルバム「Digitalian is eating breakfast 2」が、当初の予定を延期して偶然にも私の誕生日に発売されました。 ちなみに店頭にあったので私は 5 月 2 日に購入しました。


Digitalian is eating breakfast 2


アーティストやジャンルを問わず一番好きなアルバムは「Digitalian is eating breakfast」ですが、小室哲哉氏がしっかり歌っているアルバムとしては「Hit Factory」も存在します。 しかし全ての面でDigitalian〜が好きです。TM NETWORK の DIVE INTO YOUR BODY と Digitalian〜 の RUNNING TO HORIZON(シティー・ハンター)が似てたり、翌年に三浦理恵子さんがメンバーだったグループ CoCo に、I WANT YOU BACK を編曲して歌詞とタイトルを「春・ミルキーウェイ」に変更して提供されたりと。 右上写真はツアーパンフレット、楽譜、CD。


NEVER CRY FOR MEが映画「天と地」にてインストゥルメンタルが使われたり、OPERA NIGHT が TM NETWORK のボツとなった曲だったり、「Tetsuya Komuro Tour '89〜'90 Digitalian is eating breakfast」で、宮沢りえさんに提供した「Dream Rush」を披露したりと何かと話題が沢山あるアルバムでした。 同アルバムからピックアップされたシングルが三曲あり、カップリングの編曲も格好いい「GRAVITY OF LOVE」「RUNNING TO HORIZON」「CHRISTMAS CHORUS」。


私としては音楽はもちろんですが、癖のある独特な声が好きなので「Digitalian is eating breakfast」が一番好きなのです。 しかし 22 年振りの「Digitalian is eating breakfast 2」は参加アーティストが多く、率直な感想はソロアルバムとしては如何なものかと思います。 本人が歌っている曲は「ほほえみのちから」と「Carry On」の二曲。 個人的には「Carry On」が素敵でした。 プロデューサーとしての作品集ではなく、個人のソロアルバムであって欲しかったです(特にDigitalian〜は)。 小室哲哉さんファンとしては二曲だけですが、姪からすると知ってるアーティストが多いので他の曲に注目していました(好き嫌いの問題なので、その辺りは自由)。 異なるファン層からは支持を得られいるので、それはそれで良いのでしょうが、「Digitalian is eating breakfast」のタイトルを引っ提げて発売されたので、私みたいな当時からのファンの人、または、TMN 以前のTM NETWORKファンの多くが真っ先に購入したのではないでしょうか?


Digitalian〜の名称を受け継がず全く新しいタイトルにした方が良かったと思います(参加したアーティストが嫌いなわけではないので)。 しかし提供した曲をカバーした Hit Factory とも違うし・・・。 「Digitalian is eating breakfast 2」の歌は本人が、コーラスはKCOさんが、というのが理想でした。何はともあれ、久しぶりにCDを購入した誕生日でした(発売日は私の誕生日ですが、購入したのは誕生日の2日前)。YouTubeに公式サイトでダイジェストが公開されています。



CD DVD 書籍 閉じる




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項