MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

サイトのお知らせ:ルーター交換後のご報告


遅くなりましたが、2010 年 11 月 7 日 に実行したルーター交換後の近況報告。アクセスの少ない午前4時を予定していましたが、寝坊して午前5時からルーター交換作業に挑みました。もろもろの設定を含めて10分くらいで終わると予想していましたが、デスクの下にまとめた配線を解くのに一苦労。結局、1時間くらい懐中電灯を片手に、テーブルの下に潜り作業をしていました。



交換してからアクセスは順調です。長い時間、モデムを停止していたので、IPアドレスの再取得も重なり、アクセスが快適になった感があります。相変わらず、IE 9 Beta の表示速度に関しては微妙なものがありますが。購入したルーター「WZR-HP-AG300H/U」に関しては、とりあえず WEB サーバーのインフラだけを最優先して、何もテストしていない状況です。



以前利用していた PLANEX BRL-04FM とメーカーが異なるので、各マシンに手動で設定したローカル IP アドレスを変更する必要があると思われましたが、ルーター本体のローカル IP アドレスを変更可能だったので、設定事態は簡単でした。ただ、ルーターの ローカル IP アドレスを変更するには、まずルーターにアクセスする必要があります。



ルーターのローカル IP アドレスが変わったため、各マシンに手動で設定した ローカル IP アドレスでは接続できません。ネットワークと共有センターでは、自動でパブリックに変更されました。設定するためには、一台のマシンを自動取得に変更して、まずはルーターの DHCP 機能を使い、そのマシンを認識させます。一般的にルーターの DHCP は、WAN 、LAN とも工場出荷状態で自動になっています。 旧ルーターのローカル IP アドレスを設定すれば、他のマシンの変更をする必要はなく、一時的に自動取得にしたマシンも、再び手動設定すれば元に戻ります。ルーターの LAN 側の DHCP 機能も無効化すれば、交換前の環境と同じになります。



ショップでサンプル品を手に取った時は、WZR-HP-AG300H/U は随分小さいと思いましたが、壊れた旧ルーター(写真左)と比べると、一回り小さくなっただけでした。ただし、熱に関しては期待できる設計です。PLANEX BRL-04FM と比べ、発熱が少ない様に感じます(計測した訳ではないので実際は不明ですが)。



PLANEX BRL-04FA を購入したのが 2002 年 4 月 6 日。故障したのが 2003 年 6 月 2 日。PLANEX BRL-04FM を購入したのが 2003 年 6 月 11 日。 壊れたのが 2010 年 11 月 6 日。その間、もう一台、PLANEX の簡易無線ルーターを購入しましたが、これはテストのために購入したので関係無いとして、最初に購入した PLANEX BRL-04FA は一年と 1 ヶ月で故障した事になります。 その後に購入した PLANEX BRL-04FM は 7 年 5 ヶ月 持ったので、平均寿命は不明なまま。世間では無線 LAN が主流となり、バッファローのルーターが人気なので、今回はこの流れに乗って WZR-HP-AG300H/U を購入してみました。果たして何年持つのだろうか。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項