MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

サイトのお知らせ:新しい WEB サーバーに移行しました


4 年間、MB-Support の WEB サーバーとして使ってきた HP Compaq nx4820 Notebook PC とお別れすべく、富士通 PRIMERGY(プライマジー)TX100 S1 の設定が完了しました。HP のノートはまだまだ使えるのですが、これにインストールした Windows 2000 Server のサポートが切れたので、Windows Server 2008 R2 Foundation に移行するのが目的です。



5 月に奮闘したパソコン関連のコードの整頓を変更する必要が生じました。これにより、また部屋が散らかりました。ケーブルが床に設置していると、床を掃除するのが大変です。そこで、5 月にデスクの下にケーブルを埋め込んだのですが、ノートパソコンに関するケーブルを排除して、PRIMERGY TX100 S1 に必要なコードを埋め込み直す必要があります。

パソコン周りの配線を何とかしたい! - ホームズ備忘録



PRIMERGY TX100 S1 を何処に設置するかによって配線も変わります。ホームページを制作しているデスクトップパソコンよりはコンパクトなものの、今までノートパソコンをサーバーとして使っていたので、それに比べれば邪魔です。こう考えると、HP Compaq nx4820 Notebook PC が恋しい。



面倒だから常用マシンの隣に設置する事に。管理人は寝室があるほど裕福な生活はしていませんから、この部屋に寝るわけです。24 時間稼働させる WEB サーバーの背面に寝るのは厳しいと思いましたが、PRIMERGY TX100 S1 はもの凄く静かなのです。逆にいえば、常用しているパソコンがうるさ過ぎるのかも知れません。という事で、しばらくこのポジションで試してみて、眠れないなら変更する事にします。つまり、配線をデスクに埋め込むのは後回しにします。




滑車が付いた台(DIY)の上にパソコンを載せ、ケーブル関連もなんとか床に置かずにせずに済みました。これで、掃除機やクイックルワイパーで掃除するのが楽になります。



前から見るとこんな感じです。アンテナケーブルだけは、床に付いています。それよりも、WEB サーバーがまともに動くか心配です。Windows Server 2003 を使う事なく、Windows Server 2008 R2 に乗り換えたので、いろいろ勝手が違います。とりあえず、2 〜 3 日は様子をみることになります。場合によっては一旦戻して、再セットアップになるかも知れません。



いいずれにしても、単品機能として販売されていない IIS(Microsoft Internet Information Services:マイクロソフト インターネット インフォメーション サービス)を使って、個人でも WEB サーバーを構築、しかも、5 万円以下で可能である事は分かりました。



富士通

IIS は通常の Windows にも付属しますし、多くの機能を制限なしで利用できるものの、開発用途向けで制限されている同時接続数の問題が、現実的に WEB サーバーとして稼働させるには不向きです。となると、Windows Server を購入するか、IIS 以外の WEB サーバーを利用する事になりますが、Windows Server 2008 R2 Foundation を使えば、5 万円以下でスタートできるのは事実です。勉強台としても妥当なラインかと思います。ただし、初めての場合は書籍を購入したり(これが結構高くつきます)、インターネットで情報を集められるスキルが必要ですし、集めた情報を習得する能力も必要になるので、簡単とは言えません。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項