MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ロジクール HDウェブカム シリーズ:遂にフルHD対応 WEBカメラが登場!


2010 年 8 月 27 日 発売。撮影できる解像度が向上する WEB カメラですが、今までは HD ( 720p 解像度 1280×720 ) が最高でした。今回、Logicool(Logitech Internationalの日本法人 株式会社ロジクール)から発売された WEBカメラ 6 製品の最上位機種となる Logicool HD Pro Webcam C910(ロジクール HDプロ ウェブカム C910)が、Full HD(フルHD 1080p 解像度 1920×1080)に対応しました。

LOGICOOL HDプロウェブカム C910
Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

もちろん、現実的にフル HD を利用するのは難しく、主要なインスタントメッセンジャー(Windows Live Messenger や Logicool Vid™ HD)では 720p までとなり、それを可能にする環境は、CPU:Intel® Core™2 Duo 2.4 GHz 以上、メモリ:2 GB 以上、ハードディスク:200 MB 以上の空きスペース、USB2.0 ポート、1 Mbps 以上のアップロード速度、ディスプレイ解像度:1280×720と結構高いです。フルHDはあくまでもメッセンジャーのビデオチャットで利用するのではなく個人撮影用となり、YouTube などにアップロードするために利用します。



さて、ここで気になるのは毎度お馴染みとなりますが、WEB カメラをビデオカメラのように利用できるか否かです。カールツァイスレンズ レンズを搭載していますが、WEB カメラ独特の波に揺られたような動画となっていしまうのでしょうか? WEB カメラを固定した場合、被写体が激しく動けば、当然ながら無理がありますが、カメラに向かって通常の会話程度なら問題ありません。WEB カメラを手に持って撮影した場合、または、ノートパソコンなどに固定して、ノートパソコンを持ち上げた状態で撮影した場合、やはり従来通りの WEB カメラらしい波に揺られた様な動画となります。やはり、デジタルビデオカメラ単体製品と比較するのは無理な事で、撮影した動画の処理をパソコンのソフトウェアが担うため、そこまで期待するのは禁物です(1万円程度で Full HD を謳うカメラなら対応できるかも知れません)。



しかしながら、ビデオカメラを所有していなくても、WEB カメラと動画共有サイトやメッセンジャーでヘルプも求める事ができます。作品として残すレベルではありませんが、緊急で説明のために WEB カメラを手に持って撮影する場合は十分でしょう。しかし、実際に管理人は使っていません。これらの事を判断できるのは、全て動画共有サイトの YouTube と、そこに投稿してくれた世界中のレビューを視聴できるからです。


LOGICOOL HDウェブカム C310h

LOGICOOL HDウェブカム C310

LOGICOOL HDウェブカム C270m

LOGICOOL HDウェブカム C270


メッセンジャー重視であるならば、一つ下の「ロジクール HDウェブカム C510 (2010 年秋)」でも十分かも知れません。最上位機種以外でも、全てHD 720p (1280 x 720) に対応している事から、すごい時代になったと感じます。注意が必要なのは、C510より下のモデルは、カールツァイスレンズではありません。ランクを落とすなら ロジクール HDウェブカム C510 までがポイントかと思われます。また、マイクにステレオを重視するなら、最上位の Logicool HD Pro Webcam C910 を選択するしかありません。プレスリリースの下の方に、今回登場したWEBカメラの製品概要があります。画像センサー、静止画キャプチャー、レンズなどを比較して、自分に最適なモデルを選択しましょう。


メーカープレスリリース




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項