MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

TAP-TST5 / TAP-TST7:パソコンの消費電力を表示してくれるワットチェッカー


電源ユニットの選択で、自分のパソコンがどれだけ電力を必要としているのかを決めかねる事があります。もちろん、プロセッサー、ビデオカードなどの個々の最大消費電力は、メーカーで調べられますが、マザーボードに搭載されたチップセットやハードディスクドライブなど、実際にトータルでどれくらい電力を必要としているのか知るのは難しい、というより、その術を知りません。常に高負荷時で最大消費電力を必要としている訳でもありませんし。これを簡単にチェックできるのが、サンワサプライから発売されているワットチェッカーとなります。

SANWA SUPPLY TAP-TST5 ワットチェッカー

現時点では二機種あり、先に登場した TAP-TST5 は電圧(V)、電流(A)、電力(W)、皮相電力(VA)、電源周波数(Hz)、力率(PF)、積算電力量(kWH)、積算時間(H)の8種類が測定できます。


SANWA SUPPLY TAP-TST7 ワットチェッカー

後に登場したワットチェッカー Plus(プラス)TAP-TST7は、TAP-TST5 の測定に加え、積算料金(円)、CO2換算(kg)の計測が可能になっています。

購入する際は型番を間違わないように注意

Yahoo!ショッピング Amazon

エコロジーの「CO2換算(kg)」は趣味的なものかと思われます。節約という意味では、「積算料金(円)」が関係ありそうな気もしますが、そもそも不必要なものは使わなければ良い訳で、積算料金を知ってから節約しようという考え方が本末転倒かも知れません。しかし、そんな感じと思って誤った節約術を身につけていた場合、良い意味でも悪い意味でも正す事はできそうです。

複数のパーツから構成されるパソコンの実際の消費電力を確認できるのは嬉しい所。電源ユニットを購入する場合は、高負荷時に耐えられるワット数に、余裕を持って対応できるワット数のものを購入するのがよろしいかと。しかし、電源ユニットが無いとそれを計測する事はできないので、パソコンの調子が悪い、電源ユニットの騒音が気になり、買い換えたい場合など、現状を把握して他の製品と比較するのに役に立ちそうです。


ワットチェッカー(TAP-TST7)でパソコンの電力を計測してみました




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項