MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

インテル Atom D510 搭載 BTOパソコン


インテルのプロセッサーのカテゴリでは、インターネット・デバイス・プロセッサーに属する Atom(アトム)プロセッサー D510( 1.66GHz / L2 512KB x 2 / Dual Core / HT )を搭載した BTO パソコンが登場しました。

以下は、クレバリーのMini PCスタンダードの一覧で、現実的に利用するとなると、やはりグラフィックス機能が気になる訳で、旧デュアルコア Atom と NVIDIA ION チップセットの組み合わせが主流となります。

しかしながら、家庭のサーバー用に調達するマシンとしては、先日発売された Intel Atom D510 を選択する手もある訳で、この BTO パソコンが最安値となっています( 同ショップの BTO パソコンで )。 Intel Atom はマザーボードに付属された状態で単品販売されていますが、それなら必要なパーツが全て組み込まれた BTO パソコンを購入した方が無難かも知れません。 OS なしで DVD-ROM ドライブ込みで税込 \23,800 ( \22,667 )となっています。 ブルーレイドライブを増設するのであれば、現時点では最低でも Atom 330 + ION を選択する訳で、Intel Atom D510 は選択しないと思います。 つまり、DVD-ROM ドライブが必要なのは、OS をインストールする時です。

Intel Atom D510 は 64 ビットに対応しているので、WEB サーバーを構築するならば、Microsoft Windows Web Server 2008 R2( 64 ビット版 )、さらに、一つ前の Microsoft Windows Web Server 2008( 32 ビット版 )を選択すれば、最安値で WEB サーバーを構築できると予想します(まともに使えるか否かはアクセス数により不明)。


Microsoft Windows Web Server 2008 R2

Windows Web Server 2008



ネットブックやネットトップ:パソコンとしての位置

Intel Atom プロセッサーは消費電力とそれなりのパフォーマンスが売りであるものの、「インターネット・デバイス・プロセッサー」のポジションにある事は知っておく必要があります。

プロセッサー - インテル

例えば、リビングにある家電テレビ(フル HD 対応液晶)に接続して気軽にパソコンを利用するには、コンパクトであり、消費電力に優れているだけでは無理があります。 そこで、Nvidia ION チップセットが重要となり、これと組み合わせたデュアルコア Intel Atom 330 が狙い目と思われます。 Atom も新しいバージョンが登場したものの、未だに Intel Atom 330 + ION が注目されている理由はここにあります。



5 万円ほどで気軽に購入できるネットブックやネットトップが販売されていますが、これを一般的とか十分な性能と決めてしまう事には疑問を感じます。 あくまでもポジションは「インターネット・デバイス・プロセッサー」であり、デスクトップ用は「デスクトップ PC 向けプロセッサー」、ノートブック用は「ノートブック PC 向けプロセッサー」から選択するのが一般的です。 さらにパフォーマンスと価格を考慮した場合、この中間を狙うのがおすすめです。 例えば、私はインターネットや自分が使っているアプリケーションを動かすのにネットブックで十分だから、このパソコンは一般的に十分であると判断するのは間違いです。 あくまでも、自分だけが感じた十分であり、それを、これからパソコンを始めるユーザーや初心者だからこれで十分とすすめるのは無理があります。 これからパソコンを始めるユーザーや初心者には、中間クラスのパフォーマンスとコストのバランスがとれたパソコンをおすすめします。



ネットブックやネットトップは、パソコンの利用範囲を狭くして、コストを低くした製品です。 これから何をするか分からないユーザーに、これをすすめてしまった場合、最小から用途を狭めてしまっている事になります。 一方、すでにメインマシンがあり、今回特別に機能を絞って使うパソコンが必要になったのであれば、ネットブックやネットブックは利用価値があります。 しかし、これを判断できるのは、ある程度パソコンを利用しているユーザーかと思われます。 今回提案したクレバリーの BTO パソコンは後者であり、その中でも一般家庭のサーバー用途で ION を無しで新しいインテル Atom D510 を搭載したインテル Atom D510 を搭載した製品をピックアップしました。 リビング PC ならは、ION は必須と思われ、さらに Windows 7 を優位に利用するには、Intel Atom よりも上を選択する必要があります。 そして、デスクトップパソコンはデュアルコアよりクワッドコアが主流となりつつあります。 しかし、ここで Core 2 Duo の後継として Core i5 や Core i3 が登場した事で、デュアルコアからジャンプアップする自然な流れが止まるかも知れません。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項