MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ASUS EeeBox PC EB1501 : デュアルコア Atom330 ION 搭載


Core i3 や Core i5 の登場で、価格的には難しくなりましたが、2009 年 1 月 30 日に発売される ASUS EeeBox は、デュアルコアプロセッサー Intel Atom N330 + ION を採用してきました。 価格は約 5 万円。中身はネットブックと同等で、ネットトップとなりますが、この価格でバランスが良いPCかも知れません。

光学式ドライブはスロットイン DVD スーパーマルチドライブ ( DVD±R 2 層記録対応)を確保。搭載メモリは 2.0 GB( 最大積載容量 2.0 GB )、ハードディスクドライブは 250 GB 、無線 LAN は IEEE802.11b/g/n 対応、OS はWindows 7 Home Premium 32 ビット 正規版。ネットブックと比べて、OS のエディションと光学式ドライブを確保しているところが魅力。サイズは幅 193 mm × 奥行き 39 mm × 高さ 193 mm とコンパクトで消費電力最大約 28.3 W。リビングに置いてある家電液晶テレビとHDMIケーブルで接続すれば、フルHD液晶の解像度 1920 × 1080 を活用できます( NVIDIA ION チップセット搭載の御陰)。USB 2.0 端子 × 6(前面 × 2 、背面 × 4 )、eSATA 端子も搭載。



ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスが付属するので、必要なのは液晶ディスプレイと HDMI ケーブルくらいでしょうか。リビングのテレビをパソコンにパワーアップするチャンスです。消費電力は一般的なデスクトップパソコンと比べものにならないほど低いので、電気代は安心なのですが、そもそもネットブックやネットトップは、現在販売されている多くのノートパソコンやデスクトップパソコンより性能は劣ります。しかし、NVIDIA ION チップセット搭載しているので、フル HD 動画の再生には、それなりに威力を発揮する一風変わった製品が、Intel Atom + ION なのです。物によっては、シングルコアの N280 の場合もありますが、このパソコンはデュアルコアです。さらに、HT で仮想的に 4 つの CPU がデバイス マネージャーで参照できます。




ネットブックやネットトップは、コンパクトと低消費電力が売りの一つですが、増設に関しては苦手なところ。しかし、それは内蔵デバイスやドライブの問題で、USB 2.0 で外付けで対応すれば良いでしょう。 ハードディスクドライブが 250 GB なので、地デジキャプチャーを増設するのはどうかと思いますが、USB 2.0 で対処はできます。しかし、多くのレビューを見ると、Atom で地デジキャプチャーは難しい様な事も掲載されているので、使ってみないと分からない現状です(どのみちハードディスクドライブの容量を何とかしなくては)。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項