MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

TDP が下がった Lynnfield Core i7 860S と Core i5 750S


32nm Westmere デュアルコアの発売に紛れて、既に販売されていた 45nm Lynnfield Intel Core i7 860 と Intel Core i5 750 の TDP が下がったバージョンが登場しました。


機能 / Processor Number Core i7
860
Core i7
860S
Core i5
750
Core i5
750S
製品画像
Intel® Smart Cache 8MB
Processor Base Frequency 2.8GHz 2.53GHz 2.66GHz 2.4GHz
Max Turbo Frequency 最大3.46GHz 最大3.2GHz
ソケット LGA1156
Processing Die Lithography 45nm
DMI 2.5GT/s
コア数/スレッド数 4/8 4/4
TDP 95W 82W 95W 82W
Intel® Hyper-Threading Technology
Intel® Turbo Boost Technology
Intel® 64
Intel® Virtualization Technology (VT-x)
Intel® Virtualization Technology for Directed I/O (VT-d) ×
Intel® Trusted Execution Technology ×

参考にしたページは以下。

Intel® Core™ i7 Processor

Intel® Core™ i5 Desktop Processor Family


従来品の Intel Core i7 860 のクロック数は 2.93GHz 、TDP が 95 W でしたが、新しく発売された Intel Core i7 860S はクロック数が 2.53GHz 、TDP が 82 W になっています。 従来の Intel Core i5 750 のクロック数は 2.66 GHz 、TDP が 95 W でしたが、新しく発売された Intel Core i7 750S はクロック数が 2.40 GHz 、TDP 82 W になっています。

ん・・・?クワッドコアで 82 W はよろしいかと思いますが、クロック数もしっかり下がっていますね。 インテルの日本サイトでは表示できませんが、米国のサイトではプロダクトネームにSが付く新しいプロセッサーも掲載されています。 クロック数と TDP 以外は同じです。GPU 機能が搭載された Clarkdale でも無いので、これが登場した意味は不明となります。 TDP だけが下がるのであれば、消費電力に気を遣うユーザーなら多少割高でも魅力はあったと思われます。


ツクモ ドスパラ パソコン工房icon




Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項