MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

プライベートブランド「Amazon ベーシック」:メディア / LAN / HDMI ケーブル


年末年始の休日を利用して Windows 7 に移行する予定の管理人。 買い替える必要があるパーツやソフトウェアをチェックしているのですが、なんだかんだで Amazon が最安値の場合が多いです。 なんだかんだとは、田舎に住んでいる管理人は近場で競争している電気屋さん、特にパソコンパーツやソフトウェアの販売に力を入れているパソコンショップが無い訳でして、結局通販に頼る事になります。 このとき、製品本体の価格以外にも、送料や代引き手数料を考慮します。

いつしか Amazon も楽天市場や Yahoo!ショッピングと同じく、他の販売ショップの元締め的な存在になりました。 これにより、商品数は増えたのですが、また、一つの製品に対して販売ショップにより価格が異なり比較する事ができるのですが、送料と代引き手数料だけは注意が必要です。 同じ製品で販売価格が低くても、送料と代引き手数料を含めて計算すると、結局 Amazon の方が安かったりします。 年賀状シーズンで、プリンターのインクも購入しましたが、近場の電器屋さんより送料と代引き手数料を払って Amazon で購入した方が安い始末・・・ 型落ちのプリンターを使っていて、トータルで 6 千円ほどインク代にかかるのなら、あと 1 万 4 千円ほど投資して複合機に買い替えてしまうのも良いかも知れません(インクも付属するし、スキャナーやコピー機能を利用できます)。



そんな感じで、Amazon サイトを徘徊していたのですが、「Amazonベーシック」と命名されたプレイベートブランドを発見しました。スーパーが独自ブランドを展開するのに似ています(結局請け負う向上は大変らしいのですが)。 今のところ AV ケーブル( HDMI ケーブルを含む )、ネットワークケーブル、DVD 、CD メディアのみとなります。 フラストレーション・フリー・パッケージ( FFP )で梱包され、リサイクル可能な素材を用いて過剰な梱包資源を使っていないとの事。 そんな事より、製品価格が安いのと、送料、代引き手数料が安いのが魅力。



ケーブル関連はいいとして、特にHDMIケーブルが安いので Amazon ベーシックで決まりですが、メディアとなると生産国の論争が勃発しそうなところ。 現時点では通常商品とは異なり、説明の下にコメントが入力されていませんが、クチコミ一覧からコメントを参照できます。 商品説明に生産国が掲載されていない以上、それなりの理由があるのでしょう。



今の所、管理人はメディアの良し悪しで泣いた事がありません。 つまり、これらのメディアをあまり使いこなしていません。一時的な回避か、大切に保管しているものの、読み込めなくなる前に捨ててしまう生活サイクルです(ドライブ側の読み取り性能も向上していますし)。 むしろ、ハードディスクドライブ以外にデータが存在すると非常に不便で、さらに捨てるとなるとシュレッダーに通す作業も一苦労です。 アナログ放送の時はテレビ番組を CM カットしてメディアに移動していましたが( あれは DivX を使って CD-R に保管していた時代)、結局数年間、保管スペースを取られたあげく、再生する事なくシュレッダー行きとなりました。



映画やドラマは VHS から DVD 、そして Blu-Ray(今はタイトルが少ないですが)へ移行する訳で、お金を出せるのなら手に入る可能性は高く、お金が出せないのであれば、それまでの価値とも割切れます。 しかし、テレビ番組や子供の成長記録はそんな簡単ではありません。 消耗品であるメディアを一生大切に保管する事は可能なのでしょうか? DVD とて、所詮は8ミリフィルムや VHS の様に通過点でしかないため、再生可能なドライブもいずれ消滅するのかも知れませんね。 保管すべきデータの選別を真剣に考えるべきなのかも。 自分にとって大切なデータが多すぎると、それを維持するのに苦労します。


プライベートブランド「Amazon ベーシック」




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項