MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ホームページ制作ソフト:Microsoft Expression WEB 3


管理人は未だ Microsoft FrontPage 2003 を使って、このホームページを更新していますが、Office System に分類していた FrontPage(フロント ページ)が後に Expression WEB(エクスプレッション ウェブ)となり、バージョンも 3 作目となりました。 アップグレードするタイミングを逃しているのと、周囲から遅れをとっている空気は読めています。


Expression Web 3.0

Expression Web 3.0 アップグレード

Expression Web 3.0 アカデミック


PHP や Silverlight に対応していますが、その素晴らしさを管理人は語る事ができない能力で申し訳ありません。 しかし、個人的に気になるのは互換製です。 もともとこの手のアプリケーションの使い方が誤っているのですが、このサイトは Windows に付属するメモ帳で作成して、さらに Windows に付属する開発環境向けの IIS( WEB サーバー )をインストールしてホームページを製作するローカル環境でページをチェック、本サーバーに転送していました。 ページ数が増え、手書きだけでは対応しきれなくなり、それと同時にサイトを管理する何かが必要となりました。 そこで、データベースとサーバーサイトスクリプトを付加して現在に至りますが、どうしもソフトに依存した特殊機能を利用するのは怖い気がします。 それは、FrontPage 2003 でも同じで、この程度のサイトならソースとプレビューが同時に閲覧でき、変更できれば十分だと感じています。 FrontPage 2003 はメモ帳で HTML を記述するより、コードが見やすく、入力支援、プレビュー表示、複数のページやサイトの管理に長けています。 つまり、使い方さえ間違わなければ、他のビルダー系ソフトへも移行はスムーズかと思います。



しかし、便利なアプリケーションゆえに、ソフト特有の機能を使ってしまいました。 その互換性を確認するために、サイトのデータを全てコピーしてテストサイトを作成し、Microsoft Expression WEB 3 の評価版を別環境にインストールしてチェックしている最中です。



使ってみた印象としては、Expression WEB バージョン 3 でも、FrontPage 2003 からの移行はスムーズかと思われます。 複数のページに同じパーツを利用する場合、元となる 1 ページを作成して、それを Include で複数のページに埋め込みます。 本サーバーに転送される時は、Include タグが元ソースに置き換わり、変更する時は元となる 1 ページを修正するだけで複数のページのソースが書き換わります。 この機能は Expression WEB 3 でも互換性が維持されています。



Silverlight を駆使してサイトを構築するユーザーは、ビデオの埋め込みや動的なサイトの構築が楽にできる様ですが、そちらは管理人には不明。 以前紹介した異なるブラウザーとプレビューを比較する SuperPreview が付属され連動しています。 ソースコードや CSS まで突っ込んだ比較が可能ですが、OS に依存するフォントも含めてプレビューするなら、少し面倒になりますが Windows7 Professiona l以上を購入して Windows XP Mode を利用した方が忠実かも知れません( Windows Vista 以前はメイリオフォントが標準ではなく、後からダウンロード提供されています )。 もちろん、それが必須なブラウザーは、Internet Explorer 6 、7 でしょう。さらに、ベクターグラフィック編集ソフトである Expression Design 、Silverlight ビデオをエンコードする Expression Encoder が同梱されています。 これだけでも魅力ですが、さらに Expression WEB 3 は低価格で販売されています。 アップグレード版で税別参考価格が \9,800 。 通常版でも \18,800(毎度の事ですがアマゾンが最安値かと思われます)。 今までのバージョンは通常版が 3 万円以上していたと記憶します。



Expression WEB 3 は IBM ホームページビルダーBiND for WebLiFE から乗り換えるのはおすすめできないと思います。前者は初心者から上級ユーザーまでおすすめするソフトで、後者はソフトウェアに依存するサイト構築かと思われます。 では Expression WEB は誰が使うのか?マイクロソフト関連の WEB サーバーやAPIを使ってサイトを構築するユーザーでしょうか。 しかし、全く理解できない管理人も、メモ帳代わりに FrontPage 2003 を使っているわけで、今回の価格で魅力が倍増しています。 一方、Expression WEB 1 や Expression WEB 2 のユーザーが Expression WEB 3 に乗り換えるのは、追加機能に魅力を感じるか否かかと思われます。 これからホームページ制作にチャンレジするユーザーなら、購入する前に公式サイトで評価版を利用してからのが無難です。

追記:2012年に開発終了、同社から無料でダウンロードできます。


Microsoft Expression Web 4 Service Pack 2 (SP2)




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項