MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

管理人の独り言:試用版で常用 PC を Windows 7 に移行するかテスト中


試用版の Windows 7 Enterprise 64 ビット版をインストールして 7 日目。既にもの凄くデスクトップが散らかってしまいました。 内部的にもインストールとアンインストールを繰り返しているため、かなり汚れていると思います。 常用マシンでは決してやりたくない事を、試用版ならできる訳で、使えば使うほど乗り換えるべきか、現状維持が悩むところでもあります。



初めて 64 ビット版を使っているのですが、想像以上に 32 ビットアプリケーションは動きます(全く無知であった)。 もちろん、内部的なプログラム、例えば、セキュリティソフトやビデオ録画関連は対応していないと無理です。 これにより、有償のセキュリティソフトの使用期限やテレビ録画デバイスの地デジ化のタイミングも、Windows 7 64 ビット版への移行タイミングを決定する要因となります。



あとは、WOW64( Microsoft Windows-32-on-Windows-64 )が 32 ビットアプリケーションを上手く処理してくれます。 Windows 7 64 ビット版を利用するなら、アプリケーションも 64 ビット版を利用しないと意味がないのですが、いずれ移行する訳で速いか遅いかの問題です。 Windows 7 での移行が一般的とは限りませんが、メーカー製パソコンでも 64 ビット版 Windows 7 を搭載するモデルもあり、64 ビットへの移行が加速しているとも想像できます。 それぞれ常用しているアプリケーションの互換性が確保されていれば、Windows Vista 32 ビットから Windows 7 64 ビット版に移行する難易度は低くなります。

64 ビット版の Windows Server 2003 と Windows XP での 32 ビット プログラムの互換性について



さて、いろいろアプリケーションを試しいる内に、FLV ファイルのサムネイルが生成されない事に気がつきました。 Windows 7 では標準で MPEG 4 AVC / H.264 を持つため、フル HD ビデオカメラで撮影したビデオのサムネイルと動画再生支援による快適な再生環境が整っています(グラフィックス機能が対応してれば)。 拡張子 AVI 、FLV 、MP4 と言っても、いろいろ利用されているコーデックは複数存在する訳で、同じ拡張子でもサムネイルが表示されたりされなかったり、全く表示されないものもあります。 とりあえず、FLV に関しては標準では再生できません。 これはコーデックパックをインストールして対処します。 基本的に、コーデックパックをインストールすれば、ほぼ再生できるのですが、DIVX はエンコードしない場合はそれすらインストールしなくても、Windows 7 では再生できます( MPEG 4 AVC / H.264 )。 問題はサムネイルです。Windows 7 32 ビット版と 64 ビット版でいろいろやっていて、結局は ffdshow の使い方を理解していません。 それが一番の問題かと思われますが、今回も勉強しないまま適当にいじってみました(テスト環境ゆえにできる事)。



まず、64 ビット版ですが、64 ビット版の Windows 7 を利用しているから、64 ビット版のコーデックパックをインストールするかと言えば、そうとも言い切れません。 コーデックパックと言う意味では、少しおかしな表現ですが、要するに ffdshow が何ビット版かの事。 64 ビットアプリケーションは、64 ビット版 Windows では C:\Program Files の配下にインストールされます。 もちろん、32 ビット版 Windows では、32 ビット版アプリケーションは C:\Program Files の配下にインストールされ、OS のビットとアプリケーションが同一である場合、このフォルダーにインストールされるのは同じです。



インストールする時にアプリケーションが何ビットなのかを意識する必要はありません。 自動的に適切な場所にインストールされます。 64 ビット版 OS は、32 ビット版アプリケーションを利用するために、C:\Program Files (x86) といフォルダーが存在します( 32 ビット版 Windows には 64 ビット版アプリケーションをインストールしないので、C:\Program Files (x64) なんてフォルダーはありません)。 32 ビット版アプリケーションをインストールすると、このフォルダー内に保管され、ここから起動するものは 32 ビットアプリケーションとなります。



64 ビット版 Windows 7 でも、タスクバーに設置されている Windows Media Player 12 のアイコンをクリックした時に起動するのは、32 ビット版アプリケーションとなります。 つまり、通常利用するには 32 ビット版の ffdshow が必要であると思われます(正直なところ分かりません・・想像です)。 64 ビット版 Windows Media Player 12 は、C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe です。 32 ビット版は C:\Program Files (x86) \Windows Media Player\wmplayer.exe 。 標準でどちらを使うか切り換える方法はある様ですが、ここでは趣旨が異なるので飛ばします。 いずれも二つを同時に利用する事はできません。



結局、サムネイルが表示されるか、そうでないかは、Windows Vista でも Windows 7 でも基本的には同じ条件で、コーデックと ffdshow の設定となります。 悩んでしまったのは、Windows 7 の場合は、「Win7SDFilterTweaker」でデフォルトコーデックを変更する必要があるところです。 これらの内容は、新しく作成した「コーデックパックのインストール方法( Windows 7 対応版 )」に掲載しました。


コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)前編

コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)後編



それから、「ファイル名を指定して実行」からレジストリエディターを起動しますが、64 ビット版 OS の場合は、以下のフルパスを入力して「OK」ボタンをクリックします。 32 ビット版と同じく、「regedit」でも起動できますが、慣れていない場合は戸惑うかも知れません。 32 ビット版と同じやり方が通用するので、ここでは 64 ビット版 Windows でも 32 ビット版表示のレジストリエディターを利用します。

C:\Windows\SysWOW64\regedit.exe –m

ファイルの拡張子を指定して、自動で設定されなかったサムネイル表示を強制的に実行します。 レジストリの変更が反映されるのは、ログオフ → ログオンが必要です。 これでサムネイルが表示できない場合は、そのビデオの生成に使われたコーデックがインストールされていないか、ffdshow の設定を疑いましょう。

FLVファイルのサムネイルが表示されない





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項