MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

東芝 Dynabook / Qosmio:Windows7 64ビット / 32ビットを切り替え可能 セレクタブル OS


Windows Vista が登場した時、次の Windows は 64 ビット版が主流といった噂が流れましたが、すでに Windows Vista の時に 64 ビット版に移行するユーザーも多く、確かにその流れはありました。 次の OS は 32 ビットが存在しないかもとまで囁かれていましたが、蓋を開けるとしっかり存在しています。 しかし、この表現は過剰ではなく、サーバー OS では 64 版のみとなっています。 そろそろ、一般家庭でも 64 ビット版に移行する時が来たようです。 しかし、自分が利用するアプリケーションが動くか分からないのに、64 ビット版を購入する勇気を振り絞るのは至難。 Windows XP から Windows Vista へと移行する時に、あれだけ互換生を騒ぎ立てれば、それも当然かも知れません。 Windows を販売するマイクロソフト側が、もう少し対応してくれればいいのですが、蓋が開いた今となっては駄目みたいです。 そんな中、東芝の一部のノートパソコンで(一般的にはノートしか販売していませんが)、セレクタブル OS を搭載したモデルが登場しています。



セレクタブル OS って何だ?

32 ビット版 Windows 7 と 64 ビット版 Windows 7 を切り替えられます。 これは素晴らしい・・ と思いますが、ボタン一つで次回起動する時に選択できる様なものではありません。 切り替えには Windows 7 の再インストールが必要になり、データは全て消え、ソフトや個人データも再インストールする必要があります。 なら、意味無いじゃん・・・ いえいえ、そういうわけではありません。 そもそも、32 ビット版と 64 ビット版は、パッケージ版を購入した場合、どちらも付いてきます( DSP 版は購入時に指定する必要があります )。 しかし、ライセンスは一つなので、どちらかしか使えません。セレクタブル OS は、データのバックアップや再インストールが必須となりますが、どちらも使えるのが特長です。

例えば、初期状態では 32 ビット版 Windows 7 がインストールされています。 今回、64 ビット版に挑戦するべく、セレクタブル OS でインストールしたとします。 しばらく使って問題が無いと分かれば、64 ビット版を使い続ければいいでしょう。 しかし、問題があると感じた場合(自分がどうしても必要なアプリケーションが動かない)、セレクタブル OS で再び 32 ビット版をインストールして使い続ける事ができます。 セレクタブル OS で無い場合、最初から 64 ビット版 Windows 7 を選択したとします。 もし、気に入らなければ(問題が発生したならば)、32 ビット版 Windows 7 を新たに購入する必要があります。

パッケージ版であれば、他のパソコンにライセンスの移行は可能なので、他のパソコンがあるならばそちらに64ビット版Windows7をインストールすれば良いでしょう。DSP版ならば、やはり64ビット版Windows7と32ビット版Windows7の二つのライセンスを購入する事になりますが、他のパソコンにライセンスを移動できないので、使えない64ビット版Windows7が無駄になります(購入したパーツにもよりますが)。このライセンスを気にしなくていいところがメリットですが、逆を言えば両方のライセンス料金が入っているのかとも疑えます。



セレクタブルOS搭載ノートパソコン

セレクタブル OS が存在する機種は以下の Dynabook(ダイナブック)と Qosmio(コスミオ)です。 全ての東芝製ノートパソコンが対応している訳ではないので注意しましょう。 また、以下はダイレクトショップのモデルになります。 ダイレクトショップでは量販店で販売されているパソコンより性能が高くなりますが、量販店モデルでもセレクタブル OS が付いているものもあります。 購入する前に仕様をご確認下さい。 店頭で購入する場合は、店員にセレクタブル OS の有無を確認するのが手っ取り早いでしょう。



Qosmio(コスミオ)

2009 年 11 月 30 日発売。ノートパソコンでありながら、18.4 型ワイド( 16:9 ) FHD TFT カラー 高色純度・高輝度 Clear SuperView 液晶( フル HD 1,920 × 1,080 ドット)を搭載した AV パソコン。 ダイレクトオリジナルモデルではプロセッサーにインテル ® Core™ 2 Duo プロセッサー T9600 動作周波数 2.80 GHz を採用して、量販店モデルよりパワーアップしています。 グラフィックス機能にNVIDIA® GeForce® GT230M(PCI Express)、ブルーレイディスクドライブ( DVD スーパーマルチ機能搭載 )、地上デジタル TV チューナー × 1 。量販店モデルでは、地上デジタル TV チューナー × 2 となっており、W 録画が可能になります。 以下は量販店モデル。



G60 と同じく、18.4 型ワイド( 16:9 ) FHD TFT カラー 高色純度・高輝度 Clear SuperView 液晶( フル HD 1,920 × 1,080 ドット)を搭載したAVパソコン。 プロセッサーはインテル ® Core™ 2 Duo プロセッサー P8700 動作周波数 2.53 GHz を採用。 グラフィックス機能に NVIDIA® GeForce® GT230M( PCI Express )、ブルーレイディスクドライブ( DVD スーパーマルチ機能搭載 )は同じですが、ハードディスクの容量と地デジチューナーが減らされています。 以下は量販店モデルです。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項