MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 搭載 BTO パソコン


icon icon

BTO パソコンショップで Windows7(ウインドウズ セブン) 搭載パソコンの予約受付が開始されました。 すでに OS 選択で「Windows7」を指定でき、現実的に Windows 7 を搭載したパソコンを購入する事ができます。 しかし、Windows 7 の発売日が 2009 年 10 月 22 日であるため、Windows 7 搭載パソコン「発売」の文字はマイクロソフト社の規約で使えない様です。 BTO パソコンはパーツを選択して注文してから製造が開始され、手元に届くまでに時間がかかります(ショップにより異なります)。 つまり、量販店に行って持ち帰れる販売形態ではないため、「予約」という言葉を利用できます(手元に届くまでの日数があるので、実際は通常通りの注文と同じ)。 今注文しても、最短 10 月 22 日、それ以降に届くのが一般的なので、BTO パソコンでは当たり前の様に OS の発売日より前の段階で注文を受け付けてくれるのです。

これにより、Windows 7 を待つ必要は事実上なくなりました。 おそらく、メーカー製パソコンもフライングすると思われますが(先行予約)、長かった購入を控える時期は終了しました。 やれアップグレード作業だ、優待だのと面倒な事は皆無で、注文して届いたパソコンには最初から最新の Windows 7 が搭載されています。 基本性能と価格で魅力的なのは BTO パソコン(自作パソコンも含む)で、時代にあった最新パーツ(プロセッサーやマザーボード)を一般的な価格で購入できます。 もちろん、値段を下げれば、その分性能を下げる事もできます。 一方、量販店に並ぶメーカー製パソコンとは異なり、独自の開発と過酷なテストをクリアしているとは思えません。 もちろん、パーツ単位でメーカーのテストはクリアしているはずですが。



デル株式会社

さて、このサイトではよく BTO パソコンと有名メーカー製パソコンを分けて話しをしていますが、ヒューレット・パッカード、エイサー、デルのポジションがよく分かりません。 日本でパソコンと言えば「NEC」「富士通」「パナソニック」「東芝」「ソニー」などが有名で信頼できるメーカーでしょうか? 過酷なテストをクリアしていそうで、確かに信頼性はピカイチだと思われます。 しかし、世界シェアでは第一位がヒューレット・パッカード、第二位がデルでしたが今は抜かれてエイサー( eMachines 、Geteway を含む)、第三位がデルとなっています(もちろん毎年変わりますが)。

米デル、世界パソコン市場シェアで3位に後退−台湾エイサーが上昇 Bloomberg.co.jp(リンク切れ)



ヒューレット・パッカードは、メイドイン日本もあり、管理人も好きなメーカーの一つですが、2009 年 10 月 19 日より、「HP 安心サポート365」というサービスを販売します。 HP 製パソコン本体、OS 、周辺機器、ブラウザー・メーラー等のソフトウェア、インターネット接続のサービスを利用する上で発生する操作についての疑問やトラブルについて、機器・ソフトウェアのメーカーやサービスの提供元を問わず、問題解決に向けた技術的な支援を提供するサービスで、30 日用 HP Directplus 価格 4,935 円、90 日用 HP Directplus 価格 6,825 円、180 日用 HP Directplus 価格 8,400 円、1 年用 HP Directplus 価格 11,970 円。 これらは同社の冬モデルから対象になり、有償サービスのため質の高いサポートが得られると思われます。1年間のサポートで11,970円は高いのか安いのか?それは、「サポートは無料」が当たり前と考えるユーザーからすれば高いかも知れませんが、現実的には製造販売したパソコンのハードウェアに関するサポートが無料な訳で、パソコンの使い方はお金を払ってパソコン教室に通うのが現実です。車を購入して車に関するサポートはメーカーに義務がありますが、車の運転の仕方はメーカーではなく、教習所へお金を支払って習得します。 つまり、1 年間のサポートで 11,970 円は、質にもよりますが安いと判断できます。 世界シェア一位だから、こんな余裕なサービスができるのか? いずれにせよ、外見や中身だけではなく、サポートにも気を遣う買い方も重要かと思われます。 それより・・年賀状の季節がまた・・・





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項