MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

アイオーデータ:Windows7 Media Center 対応デジタル 3 波対応TVキャプチャーとリモコン


Windows7(ウインドウズ セブン) の Home Premium(ホームプレミアム)、Professional(プロフェッショナル)、Ultimate(アルティメイト)エディションに搭載されるテレビ視聴、録画のアプリケーション「Windows Media Center(ウインドウズ メディア センター)」に対応する待望の TV キャプチャーカードとユニット。

GV-MC7/VS

GV-MC7/VZ


単純に Windows 7 対応した製品も混在しているので、型番を間違わない様にしましょう。 Windows Vista では地上デジタル放送の規制により、Windows Media Center で地上デジタル放送を視聴するには、TV キャプチャー機能と専用の Windows Vista がセットになったパソコンを購入するしかありませんでした。 最初は、既存の Windows Vista ユーザーにも提供されると思われていましたが、結果としては酷い結末でした。 ただし、地デジキャプチャーカードや外付けユニットを販売するメーカーは、Windows Media Center への対応を謳っている事から、Windows 7 への期待がありました。 しかし、Windows 7 の登場がアナログ放送終了より前なので、また宙ぶらりんの状態で悲惨な結末を迎える可能性も十分にあります。

今回、株式会社アイ・オー・データ機器から発表されたのは、Windows 7 に搭載される「Windows Media Center」専用、地上、BS 、110 度 CS デジタル放送チューナー&キャプチャーカードと外付けユニットです。 内蔵カードは PCI Express×1 接続。外付けユニットは USB 接続となります( AC アダプターは不要 )。 今までの不安を払拭する製品ともいえます。




Windows 7 はネットブックなどにインストールされる最小構成の Starter エディション以外は Windows Media Center 機能を搭載しています( Home Basic も存在しますが日本で販売されない )。 つまり、Windows 7 でデジタル放送を視聴、録画するならば、これらのチューナー&キャプチャーカードか外付けユニットを増設する事になり、視聴や録画は Windows 7 の機能の一つである Windows Media Center を利用する事になります。 Windows Media Center を無視するならば、従来の地上、BS 、110 度 CS デジタル放送対応製品でも問題はありません。 考えるべき事は、デジタル放送の規制によりアナログ放送みたいな利便性は失われ、デジタル放送として利便性が存在する複雑な状況である事です。 アナログ放送時代では、Windows Media Center よりも、各製品に付属するメーカー独自アプリケーションの方が優れている点が多かったと思います。 しかし、先にあげた事情から、デジタル放送では Windows Media Center の方が OS との連携が優れていると判断します。 もちろん、利便性が異なるので、規制された部分は諦めるという意味で、Windows Media Center でも問題ないと考える事もできます(それまでの利便性を継続できない。 だったら、機能的に興味が無かった Windows Media Center でもいいかな?って感じでしょうか)。



録画した番組は BD / DVD にダビングしてオリジナルのコレクションとして残せます( Blu-Ray ドライブが必要です )。 対応メディアは Blu-ray Disc:BD-R 、BD-R DL 、BD-RE 、BD-RE DL/DVD( CPRM 対応 ):DVD-R 、DVD-RW 、DVD-RAM 。 家電プレイヤーでの再生は、従来通り対応していれば再生できます(もちろん、アナログ放送より規制は高い)。 また、パソコンの液晶ディスプレイとグラフィックス機能が著作権保護機能 HDCP に対応している必要があるのは従来品と同じです。 Windows 7 では、Windows Aero の出来が優れており、Windows Vista では不便だった Windows Aero の切り替えを必要とするアプリケーションも、快適に使える手応えがありました。 実際に、旧式の地デジチューナー&キャプチャーカードを Windows 7 RC で試してみた結果、Windows Vista よりは快適に使えました。 なお、Windows 7 版 Windows Media Center 専用の機器なので、メーカー独自の視聴、録画アプリケーションは付属されておりません。 株式会社アイ・オー・データ機器は Windows XP Media Center Edition 2005 の時も、Windows Media Center 専用カードを登場させました。 独自のアプリケーションではなく、Windows の機能を利用する事で、開発コストを浮かせる、同時に、販売価格を下げられる狙いがあると思われます。 使い手としては、機能が重複するアプリケーションのインストールは混乱を招くので、Windows Media Center が好きなユーザーには納得できる製品かと思われます。



GV-MC7/RCKIT

また、Windows Media Center 専用リモコンも、地上・BS・110 度 CS デジタル対応リモコンにアップグレードして登場します。 Windows Media Center は、家電に近い操作性を追求しているので、リビングの大型液晶テレビに接続する場合や、液晶アームを使ってディスプレイを仕事とホビーで使い分ける場合にリモコンは便利です。 テレビの視聴や録画を、マイクロソフトオフィスを使うかの如く利用するユーザーは、リモコンの有無は微妙です。 ただし、地デジ対応になった事から、これらの操作性が Windows Media Center ではどうなのか、管理人は利用していないので不明です。 もしかすると、地デジのデータ放送カラーボタンや字幕の有無などは、家電テレビに慣れているならば、リモコンを使った方が違和感なく操作できるのかも知れません。

Windows® 7の「Windows Media Center」でテレビを楽しもう!デジタル3波対応TVキャプチャ - プレスリリース

Windows® 7の「Windows Media Center」を離れた場所からリモコン操作! - プレスリリース


追記

いくつか問題も発生しているみたいです。購入する前に以下のページもご覧下さい。

Windows7 Media Centerに対応したデジタルTVチューナーを選ぶ - ホームズ備忘録





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項