MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

HD 720p ワイド画面に対応 WEB カメラ Microsoft LifeCam Cinema(H5D-00006)


2009 年 10 月 2 日(金)発売。 以前紹介したマイクロソフト社のハードウェア、WEB カメラの HD 対応 WEB カメラ「LifeCam Cinema(ライフカム シネマ)」の発売日がプレスリリースで発表されました。 新製品が連続するマイクロソフト製ハードウェアですが、おそらく Windows Vista の次期オペレーティングシステム Windows 7 の発売と、密接な状態にある Windows Live サービスに関連すると思われます。


Microsoft LifeCam Cinema (H5D-00006)
Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

Windows7(ウインドウズ セブン) 時代のパソコン(つまり今)の性能なら、高解像度映像を楽しむ事も可能。デジタルカメラでは一般的になりつつある HD(1280×720)動画をWEBカメラでも楽しめるのが「LifeCam Cinema」です。 ただし、価格と WEB カメラを考慮すると、レンズの性能はデジカメやビデオカメラと比較するのは難しいと思われます。 これは使ってみないと不明ですが、「LifeCam Cinema」で撮影した動画を YouTube で視聴した限りでは、やはり WEB カメラは WEB カメラであって、それ以上でもそれ以下でもありません。 以下のビデオでは、0:39〜0:42の僅かな時間ですが、LifeCam Cinema のオートフォーカスのサンプルをネイティブに視聴できます(それ以外は加工されている)。 WEB カメラ本体や被写体が動くと、独特の揺れが発生しがちですが、オートフォーカスのサンプルを見る限り、固定した WEB カメラでの通常撮影では期待できるものがあります。



メーカーページでは、用途として HD ビデオ会議が提案されています。 一般家庭での優れた使い方は、今のところ Windows Live Video Messages でしょうか。 自分のパソコンに撮影内容を保管して、HD 編集に対応した Windows Live ムービー メーカーで編集。 編集した動画を Windows Live Video Messages(2010 年 6 月現在、サービスは終了しました)、動画共有サイト(残念ながら SoapBox は HD に対応する前に終了しました)、または、SkyDrive などにアップロードする使い方があります。 通信回線を使ったリアルタイム映像に関しては、Windows Live Messenger や Windows Live Video Messages が期待されますが、今のところ HD に対応しているのか不明です(対応したとしても、通信回線に依存するのでいかがなものでしょうか)。

他社の有料アプリケーションで、SkyDrive に存在するフォルダーやファイルを Windows のエクスプローラーで表示できるものがありますが、これからは外部ストレージと OS が融合される方向にあると予測します(個人的な予想)。 「LifeCam Cinema」の「Cinema」とは、おそらく映画と同じく 16:9 に対応しているからでしょう。 ワイド液晶ディスプレイの普及により、映像もワイドに対応するのが自然な流れです。 すでにロジクールでは発売されていますが、マイクロフト製の WEB カメラとしてはワイド画面に対応した初の LifeCam となります。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項