MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

文具のノートと Microsoft Office OneNote


ノートを使っていますか?手帳でもメモ帳でも良いのですが、いつしかデジタルで対応できる部分も増えました。 デジタル化されたノートに変わるものを利用すると、文具のノートが検索に不向きな事が分かります。 しかし、ノートは多くのデザインがあり、趣味として集める人がいるくらい、外観の魅力もあります。 実用性を重視すると、結局オーソドックスなノートに落ち着くのですが、高価な本革のノートカバーを使って外観を楽しむ事もできます。


Life Note - 楽天市場 LIFE株式会社

個人的なノートの使い方は、調べたものをまとめて完成系の文章にするのでは無く、アイデアをひたすら書きためる用途に使っています。まぁ、メモ帳でも良い訳で、思い立ったら電源も入れずにすぐに書けるところが便利です。ただ、最近はノートを使うのが苦手になりつつあります。それは、紙を捨てる時にシュレッダーにかける癖が付いたからです。ノートをそのまま捨てるのは、今のご時世では怖い気もします。焼却炉があれば問題はありませんが、シュレッダーを使うとなると背の部分を一発でカットする断裁機が必要になります(手作業でノートを分解するのは面倒)。



また、書きとめた文字を検索できないため、書く時に見つけやすくする工夫が必要です。管理人はホームページを制作しているので、完全にデジタルノートに移行する事も可能です。 Microsoft Office System の一つである OneNote(ワンノート)と呼ばれるソフトがそれになります。文章を書く Microsoft Office Word(ワード)は知っていましたが、Microsoft Office OneNoteは全く知りませんでした。 MS 嫌いの方から(ここ重要)、Microsoft Office OneNote だけは素晴らしいと言っていたのを聞き、興味を持った次第です。



Microsoft Office OneNote を知るまでは、普通のノートに匹敵するアプリケーションは、Microsoft Office Word だと思っていました。 Microsoft Office Wordで完成系の文章を仕上げる必要は無く、ノートとして利用できるので間違いではありませんが、Microsoft Office OneNote は文章、画像、音声、ビデオなども貼り付けられ、貼り付けたものが独立しています。つまり、移動や縮小が簡単で、レイアウトを気にする必要はありません。アイデアを貼り付け、後から整頓するのも簡単です。 Microsoft Office Wordと異なるのは、画像を貼り付けた場合、Microsoft Office Word では貼り付け元の情報が保持されず、縮小すると元の解像度を維持できません。OneNoteでは貼り付けた元ファイルの所在が明確となり、右クリックすれば貼り付けたもの加工できます。 たとえば、Microsoft Office Wordでは画像を縮小してしまうと、後から拡大した場合、解像度が落ちますが、Microsoft Office OneNote は元画像の解像度を維持するため、拡大縮小をしても違和感がなく、いつでも右クリックで元画像を開けます。 ビデオに関しても、単純にファイルへのリンクか、Microsoft Office OneNoteでビデオファイルを保持するか選択できます。後者を選べば、例えば貼り付け元のビデオを削除しても、Microsoft Office OneNoteでいつでも開けます。



貼り付ける場所はいい加減で構いません。構成を無視して気軽に貼り付ける、または、メモを取る事がアイデアを保管する最適なツールとなります。左のバーで、ノートを管理でき、複数のノートを作成できます。これは、内容によって物理的なノートを使い分けるのに等しいでしょう。上部はノートをカテゴリで分ける事ができ、さらに右メニューでカテゴリ内に空白のページを気軽に作成、削除できます。画像やビデオと同じく、適当に記述した文章もパーツとして扱われ、ドラッグアンドドロップで表示面積の変更、移動も簡単です。



例えば、管理人はホームページを制作するため、日々アイデアを Microsoft Office OneNote に貼り付けます。 実際にホームページで利用するか分かりませんが、デジカメで撮影した写真を、Windows Live フォトギャラリーから選別して貼り付けます。 Microsoft Office OneNote は、アイデアを保管する場所なので、ホームページとして書く前に Microsoft Office Word で清書します。これには、校閲機能も関係しますが、いきなりホームページを更新してしまうと、文章の内容によっては主観的で攻撃的な内容になってしまう場合が多いです(購入したものが面白くない、または、トラブルに遭遇した時などの日記を綴るとなおさらです)。 そこで Microsoft Office Word で清書する事で、頭を冷やして客観的に見直して文章を書き直します。 この時、OneNoteに貼り付けた写真のいくつかをWordの文章に埋め込み、実際のホームページの表示に近い状態まで完成します。 さて、これで終了であるならば、最初から Microsoft Office Word を使っても良いでしょう。 しかし、ホームページなので HTML 形式に変更する必要があります。 Microsoft Office Word で清書した文章を、ホームページを製作するソフトに書き写します。 画像も移動しますが、一度 Microsoft Office Word に貼り付けた画像は解像度が低いので利用できません。 もちろん、デジカメで撮影した写真の解像度を変更してからサーバーにアップロードしますが、Microsoft Office Word をノート代わりに利用していた場合、もう一度Windows Live フォトギャラリーを開いて、利用する写真を見つける必要がありますが、OneNoteに貼り付けた写真は、右クリックでデスクトップなどに保管できます。その後、ペイントなどのアプリケーションで起動して、写真を加工、保存してホームページ制作ソフトに移動できます。簡単に言ってしまえば、Microsoft Office Word は印刷する事を目的にしていますが、Microsoft Office Word を下書きとして、文章以外のデータを他のアプリケーションに移動するのは不便です(文章はコピーアンドペーストで簡単です)。

Microsoft Office OneNote は、環境によっては上手く利用できない場合もあります。 例えば、仕事中ならパソコンを起動している場合が多いので気軽にメモできますが、ベッドに入ってから急に新しい表示方法に関するプログラムを思いついたとします。ベッドから出てパソコンのある部屋まで行き、電源を入れて Windows を起動・・・ なんて事をしている間に忘れてしまいます。 常にノートパソコンを近場に置き、スリープ状態で待機できるのであれば、Microsoft Office OneNote だけで済むかも知れませんが、やはり物理的な紙と鉛筆ほどメモを取りやすいものはありません。



シュレッダーの件を考慮すると、ノートは避けたい。しかし、気軽にアイデアを書き込める紙と鉛筆は欲しい。 なんなら、いくつかの紙をまとめて参照しやすい様にしたい。そこで、物理的なノートを使うのを止めてしまいました。今はA4の コピー用紙 を使っています。家でも職場でも、コピー用紙はコピー機かプリンターに給紙するものと認識していましたが、別にメモ帳として使ってもいいでしょう。 内容により新しい紙を使うか、既存の紙に書き足すかを決めます。 全く異なる内容を一枚の紙に上から下に書いていくと、メモを付け足す時が不便です。 おそらく、清書ではないメモ用途に使う紙は、無地が適していると思われます。 無地の方が自由に書けるのでアイデアが縛られる心配がありません。



コピー用紙なら、シュレッダーにそのまま流し込め、必要無くなった紙を捨てるのも簡単です。 アイデアが煮詰まる頃には、必要なコピー用紙の枚数も増えます。これらをまとめるには、クリップが最適です。 ここでホッチキスを使ってしまうと、やはりシュレッダーにかける時に外すのが面倒になります。さらに、クリップはお洒落なものを避け、シンプルな ゼムクリップ がおすすめです。ジャンルの異なるアイデアがいくつも煮詰まると、コピー用紙を重ねるので大きいクリップだと邪魔になります(まぁ、人により好き好きですが)。



しかし、この方法はとても質素です。 ノートは文具として違う楽しみもあるわけで、コピー用紙だとそれを楽しむ事ができません。 そこで唯一お金をかけるアイテムとして、 クリップボード があります。コピー用紙は薄い紙なので、それだけで利用するのは難しい。 机の上で書けば問題ありませんが、それなら Microsoft Office OneNote でも良いのでは。場所を選ばず気軽にメモしたいのであれば、コピー用紙をはさんで固定するボードが必須となります。ペンもはさんでおけるので便利です。 映画「ダヴィンチ・コード」でアナグラムを解読する時、単なるメモ帳ではなく、お洒落なボードを使っていた事に意味があります。 これなら、見た目も美しく、実用性もあり一石二鳥でしょう。



まぁ、管理人はダイソーで 105 円(税込み)のクリップボードを使っていますが・・・



ある程度保管したい、または、思ったよりも煮詰まって大きなものを制作する場合は、枚数を多く必要とします。 クリップで対応できない場合は、 穴開けパンチレバー・アーチ・ファイル で対応すれば良いでしょう。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項