MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

JM JOHNNY MNEMONIC
ジェイエム ジョニー・ニーモニック


個人的に大好きなサイバームービー「JM(JOHNNY MNEMONIC:1995年)」。 ここ数日、過去のページリンクを張り直す作業が続いているのですが、2008 年 12 月 19 日に Blu-Ray で発売されているのを知りました。 管理人が知る限り DVD は数年間、売り切れの状態が続いていたと思います(今も同じく売り切れ)。

キアヌ・リーブスさんが同じくサイバームービーの「マトリックス(The Matrix:1999年)」の前に出演した映画で、自分の記憶と引き替えに脳に生態記憶装置(バイオメモリー)を持つデータの運び屋「JOHNNY MNEMONIC」を演じます。 マトリックスみたいに描写が斬新とは思いませんでしたが、あの時代としてはテレビのリモコンと電話が合体したテレビ電話、空港に設置された入国審査のX線スキャン、ゴミを入れると瞬時に焼却するゴミ箱などが面白いと思います。

原作は SF 作家のウィリアム・ギブスン氏(William Ford Gibson)の短編小説「Johnny Mnemonic(記憶屋ジョニイ)」で、「クローム襲撃 (ハヤカワ文庫SF) 文庫」に収録されています(管理人も読みました)。 キアヌ・リーブスさん、ドルフ・ラングレンさん、TAKESHI さんのキャスティングも素晴らしいのですが(キアヌ・リーブスさんと TAKESHI さんが絡むシーンは最後だけですが、それでも Mr.タカハシは素晴らしいキャラクターです)、主役は何と言っても 2021 年のインターネットです。

この映画でのインターネットに接続するスタイルは、モニターとし使用する銀色のアイマスクと、入力デバイス「データ・グローブ」の二つです。 仮想空間は 3D となり、グローブで手を動かしながら文字の入力やインターネットを移動します。

検索スタイルとしては JM の描いた 3D までとは言えませんが、それに近い試みも現実的に存在しました。 従来の 2D 表示では、リアルタイムに入力される膨大な情報量を参照できない世界を描いています。 ビートたけしさん、キアヌ・リーブスさん、そして、インターネットに興味がある人なら、2021 年の日本の事情も関わるので楽しめると思います(帝国ホテルとか千葉県とか)。

未来のインターネット事情より、DVD を購入するかドライブを購入して Blu-Ray を購入するか、ソフトの購入に悩むところです。 JM の DVD は売り切れになってから再販されていませんが、他のソフトは DVD と Blu-Ray が発売されており、今から DVD を購入するのを躊躇います( VHS やカセットテープを経験してきたなら当然 )。 かといって Blu-Ray を選択すれば、家電製品なら Blu-Ray プレイヤーを、PCなら Blu-Ray ドライブも購入しなくてなりません。


JM スペシャル・エディション [Blu-ray]




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項