MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

デュアルコア + HT Atom330 搭載 Intel D945GCLF2


全てのユーザーにお勧めできる製品ではありませんが、とても気になる IntelのAtom(アトム)プロセッサー。 UMPC(ウルトラモバイルパーソナルコンピュータ)が各社から登場していますが、低価格だけで購入を検討するのは難しく、だからと言ってパソコンとして利用できないほど低スペックな訳でも無く、利用するユーザーを選ぶパソコンではありますが、デスクトップでは Atom230( 1.6 GHz )が TDP 4 W と省電力を実現して話題となりました。 Atom 230 はプロセッサー単品で販売されておらず、インテルの マザーボード Intel D945GCLF に最初から搭載されています。このマザーボードは 1 万円前半で購入できるものの、シングルコアである点が気になっていました。


そして、今回待望のデュアルコア版 Atom 330 が登場。クロック数は Atom 230 と同じく 1.6 GHz となり、TDP はデュアルコアになった事で倍の 8 Wとなります( それでも 8 W )。こちらは、マザーボード Intel D945GCLF2 とセットで、実売価格は 1 万円ちょっと。 Intel D945GCLF2 の登場で前作のシングルコアとマザーボードのセット「Intel D945GCLF」は、1 万円を切っているショップもあります。


Atom 330 の特徴は、デュアルコアとインテルでは懐かしい技術である HT(ハイパースレッティングテクノロジー)が復活しているところ。これにより、物理コア 2 と仮想的に × 2 となり、タスクマネージャでは 4 コアとして認識されます。


もちろん、考えなくてはならないのは UMPC(ウルトラ モバイル パーソナル コンピューター)と同じく、一般的なデスクトップパソコンやノートパソコンと比べると性能が劣ります(なんと言っても TDP 8 W ですから)。 また、メモリスロットは 1 つしか搭載されておらず、DDR2 533 / 667 で最大積載容量は 2 GB となります。チップセットは Intel 945GC Express で、5.1 チャンネル HD オーディオ、Intel Graphics Media Accelerator 950 & S-Video 端子、10 / 100 / 1000 Mbps LAN が標準搭載となります。 PCI バスが 1 基、USB2.0 ポート、SATA ポートが 2 基、パラレル ATA ポートが 1 基。


果たしてこれがどれくらいの作業に耐えうるのか、実際に使用していないので不明ですが、YouTube では H.264 1080p の動画再生にチャレンジしている例もあります。さすがに Blu-Ray は厳しいと思われます。

The Atom 330 on h.264 1080p - YouTube

D945GCLF Taxi 3 WMV HD 1080P Intel Atom - YouTube


Intel D945GCLF2

Atom330 デュアルコア 1.6GHz 553MHz

UMPC や Atom 搭載のミニデスクトップパソコンが多く登場すると、一般的なパソコンとの区別が非常に難しくなると思われます。 一昔前であれば、Linux を搭載して安く販売するパソコンがありましたが、これらのパソコンには Windows XP がインストールできるため、みためだけでは一般的なパソコンと変わりないかも知れません。 価格だけで判断して一台目のパソコンに選択する可能性も十分考えられます。拡張性が無いものの、使い方によってはこれで間に合ってしまう場合もあり、非常に判断が難しい所。それをどうやって初心者ユーザーが判断すればいいのか・・・



シングルコア版の Atom230 搭載マザーボード「Intel D945GCLF」を使ってパソコンを組み立てている様子。本来は米国のパソコンショップで販売するセット品の宣伝ですが、デュアルコア版の Atom330 を搭載した「Intel D945GCLF2」でも応用できそうです。参考までに。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項