MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

サイトのお知らせ:ムービープレイヤーの表示に関する変更


MB-Support で撮影した動画を YouTube や MSN Soapbox(久しぶりに書いた気がします)に投稿して、それをページ内に表示していますが、今まではページにアクセスした時点でプレイヤーを表示していました。これは、自分が撮影した動画以外に、他のユーザーが投稿した動画も許可されていれば、自分のサイトに埋め込む事が可能です。

自分のサイトにプレイヤーを埋め込む理由は、利用している動画共有サイトに移動せずに、動画を視聴できるメリットがあります。しかし、ページにアクセスした段階でプレイヤーを表示するのもどうかと思い始めました。Flashがインストールされていない環境では視聴できませんし、毎回その事を掲載しなくてはならないので、重複するテキストが多くなります。そこで、掲載する動画に関しては、データベース化する事にしました。現時点では全ての情報を入力していませんが、少しずつこの作業を進めています。



プレイヤーが埋め込まれているページにアクセスすると、初期状態では右のようなテキストリンクが表示されます。



「ビデオを見る(Watch Video)」をクリックすると、その下にプレイヤーが表示され、動画を視聴できます。意味はありませんが、「閉じる(Close)」をクリックすると、元の状態に戻ります。意味が無いと言うのは、動画を視聴しない場合に、ページにアクセスした時点でプレイヤーを読み込ませないのが目的で、視聴する場合で読み込んだ場合の負荷に違いは無いので、閉じる必要性も無いと思います。



これにより、動画を視聴してもらえない可能性が高くなりますが、よく考えると視聴されたからどうなると言う事もありません。必要としないユーザーに、ページにアクセスした時点で表示させる方がどうかと思い、今回の変更を過去の日記でも実行したいと思います。



データベースにはいくつかの動画共有サイトと、MB-Support が製作していないビデオも含まれています。これを一覧表示させる事も可能ですが、現時点では製作していません。製作するとなると、同じように JavaScript で表示させれば、ページを移動する必要が無くなると思われます。ただし、コメントやそれに関する静的なページへのリンクを表示させるとなると、また難しい話となります。

また、動画投稿サイトがいつまで存続するか不明なので、サイトの多くを依存するのは危険です。現に、コーデック DivX を採用した高画質動画共有サイトの Stage6 は消滅してしまいました。YouTube や Soapbox とて、安心してはいられません。しかし、これらの動画を自前で扱うのは難しい。近からず遠からずの関係を維持する方が無難です。今回の表示方法の変更で、終了したサイトへの対処が楽になると思います。が、できる事ならば終了してもらいたくは無いものです。

なお、今回の変更は作業中であり、全てのページでこの表示形式に変更されているわけではありません。1ページに複数の動画が埋め込まれているページを優先して変更作業をしています。実際の動作は以下のサンプルでテストできます。



また、複数の動画を共有サイトのプレイヤーに依存する事なく、ボタン形式で埋め込む事が可能になりました。以下は、 Windows Vistaインストール方法 のページに設置した動画リンクです。




いずれの場合も、ページを表示した段階ではプレイヤーにアクセスする事がなくなりました。視聴する場合のみ、そのプレイヤーにアクセスするといった、2段階に作業を分割する事で、動画再生を必要としないユーザーの処理を軽減できます。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項