MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

アイオーデータから初の USB 接続の地上デジタル対応TVキャプチャーボード GV-MXP/HZ


株式会社アイ・オー・データ機器では初となる USB 接続の地上デジタル対応TVキャプチャーボード GV-MXP/HZ が登場します。おそらく内容はパソコンケース内に接続するPCI 、または、PCI-Express×1.0 ボードと同等と思われますが、発売される頃にはダビング 10 にも対応して、価格は同社の地上デジタル対応 TV キャプチャー機器の中でも最安値になると思われます。

GV-MVP/HZ

普通は、外付けの方が高価です。地上デジタル対応TVキャプチャー機器には、一般のデジタル放送と、BS 、CS などの有料デジタル放送に対応したものがあり、一般家電の液晶テレビみたいに3波に対応した製品は高価になります。アイ・オー・データでは、現時点で一般のデジタル放送のみに対応した製品しか無いので、価格も 2 万円を超えるものが存在しませんが、それにしても今回登場する USB 外付けユニットは低価格になるでしょう。

メーカーのサポートページで PDF 形式のマニュアルをダウンロード可能ですが、外付けか内蔵かの違い以外はありませんでした。地デジの視聴には「mAgicTV Digital(マジックティービー デジタル)」、番組ガイド取得、表示、予約には「mAgicガイド Digital」、また、これらの機能を利用するために、常に「mAgicマネージャ Digital」を起動させておく必要があります。どの操作も Windows Vista(ウインドウズビスタ)で UAC プロパティに遭遇する事はありません。

USB 接続なので、パソコンとの接続は簡単で、ノートパソコンでも利用可能ですが、地上デジタル放送を視聴する環境、HDCP 対応液晶、ビデオカードが必要となり、同社の内蔵型地上デジタル対応 TV キャプチャーボードを Windows Vista で管理人が使った感想としては、mAgic マネージャ Digital を常に起動しつつ、mAgicTV Digital で地デジを視聴する快適な環境は、デュアルコア以上のプロセッサと、4 GB メモリが望ましいと思われます。これに関しては他の日記に掲載したいと思います。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項